セルフホワイトニング

とっても簡単♪セルフホワイトニングの手順

こんにちは!長島治療院です(^^)/

 

セルフホワイトニングは文字通り「セルフ」なので、ご自身で全ての工程を行っていただきます。

ただ、心配はありません。その工程はとっても簡単なんです(*^^)v

今回はその方法をご紹介していきます。

 

 

① セルフホワイトニングについての説明

 

セルフホワイトニングとオフィスホワイトニング(歯医者さんでのホワイトニング)の違いや

セルフホワイトニングについての説明などをさせて頂きます。

 

この説明は初回のみ行いますので、2回目以降は②からのスタートになります。

 

 

② 同意書への署名

 

セルフホワイトニングについての内容や注意事項をご確認いただき、問題なければ署名をいただきます。

 

 

③ 歯のトーンチェック

 

ホワイトニングを行う前に歯の色をこのシェードガイドを使用して見ていきます。

左の方が白く、右に行けば行くほど黄ばんでいきます。

左から5つ目までの色は、「若々しい」「綺麗」という風に見られやすい範囲になります。

 

 

 

④ 歯磨き

 

初めの歯磨きは歯磨き粉をつけて3分程行います。

歯磨きをするときはゴシゴシと力をかけ過ぎないように注意しましょう。

 

 

⑤ リップクリームの塗布

 

LEDライトの照射中は口を大きく開けっぱなしになるので、リップクリームを塗っておきます。

当院でもご用意しておりますが、お気に入りのものがあればお持ちいただいても構いません。

 

 

⑥ 紙エプロンの装着

 

セルフホワイトニング中はマウスオープナーを使用して口を大きく開けているため

唾液がたまりやすくなります。

起き上がるときに唾液が垂れて服が汚れたりしないように、紙エプロンを装着します。

 

 

 

⑦ マウスオープナーの装着

 

下のようなマウスオープナーを装着していきます。

小さめのサイズもご用意しておりますので、女性の方や口大きく開きにくい方もご安心ください。

 

 

 

⑧ 歯の表面の水分をふき取る

 

歯の表面の水分をふき取ります。

☆セルフホワイトニングの効果を最大限に引き出すポイントです!

歯の表面の水分を残してしまうとホワイトニングの効果が出ずらくなってしまうのでしっかりとふき取りましょう。

 

 

 

⑨ ホワイトニング溶液を吹きかける

 

中央、両サイドと3~5プッシュでまんべんなくふりかけます。

溶液をかける量が多くダマになってしまうと白くなりずらいので、まんべんなく吹きかけるのがポイントです。

 

 

 

⑩ アイガードの装着

 

LEDライトはとてもまぶしいので、アイガードを装着していきます。

耳にかける部分の長さを調節できますので、LEDライトの照射をする前にずり落ちてこないように調節していきます。

 

 

 

⑪ LEDライトの照射

 

8分間ライトを照射します。

☆セルフホワイトニングの効果を最大限に引き出すポイントです!

歯に対して直角にライトを当てていきましょう。そうすると歯にしっかりとライトが当たりやすくなります。

 

 

 

⑫ 歯磨き

 

ここでの歯磨きは、歯磨き粉を使用せず、2分程歯磨きしていきます。

LEDライトの照射中にたまった唾液は吐き出してしまって構いません。

 

 

⑬ ⑤~⑫までを繰り返す

 

セルフホワイトニングは8分の照射を2セット行っていきます。

⑤~⑪をもう一度繰り返します。

 

 

⑭ マウストリートメントの塗布

 

2セット目の歯磨きをした後に、トリートメントを歯ブラシに取り歯の表面をなでるようにしてつけていきます。

トリートメントを付けた後は軽くうがいをしていきます。

 

 

 

⑮ 歯のトーンチェック

 

初めと同じく、歯のトーンチェックをしていきます。

個人差はありますが、2~4トーンは落ちる方は多いです。

 

 

 

 

 

セルフホワイトニングの手順はこのようになります。

初めはスタッフが横について説明させていただきますのでご安心ください(^^)/

 

 

 

また、何か気になることやセルフホワイトニングをしたい方はスタッフまでお声掛けください。

もしくはお電話➡ TEL:06-6231-6505

もしくはLINE@➡ 

からお問い合わせください(^^)/

ホワイトニングってどれがいいの?~3種類のホワイトニングの特徴~

「ホワイトニングは歯医者さんでするもの」では最近はなくなってきましたね。

歯医者さんでも虫歯の治療をするような歯医者さんだけではなく、

美しい口元を作ることを目的とした審美歯科という歯医者さんもよく目にするようになりました。

 

それだけではなく、最近では、セルフホワイトニング専門のサロンや

美容サロンに併設されているものなどホワイトニングを一言に行ってもたくさんあります。

 

 

これだけたくさんあると、「どこに行けばいいのかわからない」

「どこが自分に合っているんだろう」と悩んでしまいます。

 

今回はそんな方のために、3種類の特徴やメリット・デメリットをまとめてみましたので

是非参考にしてみてください\(^o^)/

 

 

 

 

3種類のホワイトニングの特徴

オフィスホワイトニング

 

歯医者さんで行われているホワイトニングです。

ホワイトニングに使われる溶液の主成分は「過酸化水素」というもので、漂白効果があり、

ライトやレーザーで光を照射して活性化させることで一気に歯を白くしていく方法です。

 

過酸化水素に熱を加えて活性化させることで酸素と水素に分解し、

その分解時に発生する活性酸素が歯の着色の原因である有期着色物を分解しトーンを明るくします。

 

この過酸化水素は薬品になるので、オフィスホワイトニングは

歯医者さんでのみ受けることができます。

 

 

 

ホームホワイトニング

 

ホームと名の付く通り、自宅で好きな時にホワイトニングができます。

自分の歯の形に合わせた専用トレイ(マウスピース)を作成します。

歯科医院で処方してもらったホワイトニング用のジェル(薬剤)をマウスピースに流し込み、

毎日約2時間装着します。

 

このホームホワイトニングで使用されるホワイトニング溶液には「過酸化尿素」が

主成分として使用されており、過酸化尿素は反応の過程で過酸化水素に変化していく為、

基本的にはオフィスホワイトニングの作用と同じになります。

 

ホームホワイトニングで使用される過酸化尿素は、オフィスホワイトニングで使用される過酸化水素に比べて

分解していく時間が長く、過酸化水素を発生させる量が少ない為、長時間の装着が必要になります。

 

 

 

セルフホワイトニング

 

歯医者さんだけではなく、美容サロンや専門店、整骨院やスポーツジムなどでも

取り扱われているところが増えてきています。

全ての行程をお客様自身で行っていただきます。

 

このセルフホワイトニングで使用されるホワイトニング溶液の主成分は「酸化チタン」というものです。

酸化チタンはホワイトチョコなど食品にも含まれるので飲み込んでしまっても安心です。

 

酸化チタンを含んだホワイトニング溶液を歯の表面に吹きかけ、LEDライトの光を当てていきます。

そうすることで、歯の表面に付着した汚れを浮かし、歯磨きをすることで落としていきます。

 

痛みやしみること、食事制限もなく、他のホワイトニングに比べても低価格、短時間でできるため

お気軽に受けて頂くことができ、最近話題のオーラルケアです。

 

 

 

3つのホワイトニングにはそれぞれ特徴があり、それぞれメリットもデメリットもあります。

メリットとデメリットについてはまた次回のブログでご紹介します。

 

ご自身に合った方法でホワイトニングをしていきましょう(*^^*)

 

 

 

A.T.NAGASHIMAでは、セルフホワイトニングをご利用いただけます。

初回はご説明もあり1時間程度のお時間いただきますが、

2回目以降慣れてくると30~40分程度でご利用いただくことができます。

 

 

 

気になる方は是非スタッフまでご相談ください。

ご相談窓口として、LINE@からもご連絡いただけます。

↓↓↓ コチラから ↓↓↓

 

【北浜 セルフホワイト二ング】笑顔に自信がもてる!

当院でセルフホワイトニングを受けて頂いている方から

嬉しいお声を頂きましたので、ご紹介させていただきます(^^)/

 

「笑顔に自信が持てる」と言って頂けました(*^^*)

 

歯が白くなっていくと自然と笑顔が増えたり、気分も上がるとおっしゃっていました。

 

 

 

女性だと、歯が白くなることで若く見えたり血色もよく見えるので化粧映えもしやすくなります。

何か気になることがあればスタッフまでご相談ください!

 

 

 

北浜セルフホワイトニング【笑うのが楽しくなりそう!】

こんにちは! 長島治療院です(^^)/

 

先日、当院でセルフホワイトニングを受けて頂いているお客様に、ホワイトニングを受けた感想を頂いたのでご紹介いたします♪

 

歯が白くなったことで、「笑うのが楽しくなりそう!」と、とても喜んでいただきました(*^^*)

 

 

また、1回目から4回目の色の違いを見ると違いを感じていただけると思います!

 

 

歯の色が変わるだけでお顔の印象はとても変わります!

特にこの時期は、新年度になり新しい環境での生活がスタートする方も多くいらっしゃると思います。

新しい場所で、新しい出会いの時に、歯の色が白いと第一印象も良くなりますよね☆

 

歯の黄ばみなど着色が気になる方、是非長島治療院のセルフホワイトニングを体験してみませんか??

分からない事や、気になる事があればいつでもスタッフまでお尋ねください!

 

 

 

 

 

 

【北浜 セルフホワイトニング】歯が白いと人との対話にも自信が持つことが出来る

当院でセルフホワイトニングを受けて頂いている患者様から

嬉しいお声を頂きましたので、ご紹介させていただきます(*^^*)

 

 

 

*************************************

笑顔になると友人から「歯がキレイだね!」って言われました。

歯が白いと人との対話にも自信が持つことが出来ますね。

”セルフホワイトニング”おすすめです!!

*************************************

 

 

※上記はお客様の個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

歯を白くする3つのホワイトニング!

こんにちは!長島治療院です(^^)

 

当院で、皆さんに体験していただいているホワイトニングはセルフホワイトニングですが、

実は、その他にも歯科医院やホワイトニング専門クリニックで行うオフィスホワイトニングと市販のセルフキットを使用して行うホームホワイトニングがあります!!

今日はこの3つのホワイトニングの違いをご説明します(^O^)/

 

 

①オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは簡単に言うと、歯医者で施術を行うホワイトニングです。

歯の着色を分解する成分(過酸化水素など)を含む薬剤を使用して明るさを上げていきます。ホワイトニング剤の安定性は各大学でも研究され確率されており、ダメージを与えることなく白くすることができます。

 

 

②ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、ご自宅でマウスピースに薬剤のジェルを流し込んで行うホワイトニングです。オフィスホワイトニングと成分はほとんど同じですが、低濃度のものを毎日歯に塗布する事で徐々に白くしていきます。さらに白さを追求したいという方や何度も歯科医院に行けないという方にオススメです!

 

 

③セルフホワイトニング

市販でも扱える医薬部外品(ポリリン酸など)を使って行うホワイトニングです。どうしてもしみるのがイヤだという方や表面上の汚れを落としたいという方に向いています!安価で食事制限もないので不安のある方はこのセルフホワイトニングから試してみるのもいいかもしれません。

 

 

このようにホワイトニングにはいくつかの種類がありますが、

 

「自分にはどのホワイトニングが合っているのかわからない」

 

という方のために、もう少し簡単にそれぞれの特徴をまとめてみました★

 

●短期間で真っ白な歯を手に入れたい方は、オフィスホワイトニング!!

歯科医師の免許を持った歯医者さんが施術してくれるので安心して受けていただけます。

但し、過酸化水素という刺激の強い薬品を使用しているので、痛みを伴ったり、食事制限があることがデメリットになります。

 

 

●より白くなりたい!長期で白さを保ちたい!という方にはホームホワイトニングがオススメ!!

一般の方でも使用が可能な低濃度の薬剤を使用しているので痛みは少なくすみます。また、着実に白くしていくことが可能なので、色戻りがしにくいメリットがあります(^O^)

 

 

●痛みなし!食事制限なし!低価格!のセルフホワイトニング!

長島治療院でも使用しているセルフホワイトニングは、酸化チタンというホワイトチョコレートやヨーグルトなどにも含まれている溶液を使用するため安心してご利用いただけます(^O^) また、光触媒作用を利用して歯のクリーニングを行っているので歯本来の白さを手に入れる事ができます!

 

 

3つのホワイトニングにはそれぞれのメリット・デメリットがあります。

 

 

ご自身の歯の状態や予算、目指す白さに合わせて適したホワイトニングを選んでいただく事をおすすめします(^^♪

 

 

 

 

お問い合わせ窓口⬇︎

 

セルフホワイトニングに関する疑問にお答えします!

みなさんこんにちは!

長島治療院です。

 

 

「歯のホワイトニング」という言葉は最近よく聞くようになってきたのではないでしょうか?

結婚式前など、大切なイベント前に歯医者さんで歯を真っ白にする方もいらっしゃいます。

 

 

「セルフホワイトニング」は歯医者さんで受けられるオフィスホワイトニングとは違い、

酸化チタンというホワイトチョコやヨーグルトなどの食品に含まれるものを主成分とした

ホワイトニング溶液を使用し、光を当てていくことで汚れを浮かして落とし、歯を白くしていきます。

 

 

当院でセルフホワイトニングのお話をさせていただくと

「セルホワイトニングって何?」と質問していただくことがよくあります。

 

ということで!今回は皆さんの質問にお答えしたいと思います!

 

 

 

 

Q:セルフホワイトニングって本当に白くなる?

 

A:白くなります。

ですが、歯医者さんのホワイトニングと比べると個人差は大きくなります。

セルフホワイトニング(光触媒)は歯の表面をクリーニングして白くしていくという特性上、

元々歯の着色がない方や、歯の表面のエナメル層が薄くなることで黄ばんで見えてしまう方は効果が実感しにくくなります。

 

歯の表面の汚れを落として白くしていくクリーニングのようなものなので、

歯本来の自然な色へと近づけていきます。

 

 

 

 

Q:どれくらいのペースで通うのがいいですか?

 

A:初めは1週間に1度以内のペースでホワイトニングをすると、

効果を実感していただきやすくなります。

おススメの通い方として、初めは週に1度のペースで4~5回詰めて行っていきます。

こうすることで積み重なっていた汚れをしっかり落とし、まず本来の歯の色に近づけていきます。

 

その後はキープしていくために2週間に1回や月に1回などで間をあけながらメンテナンスをしていきます。

 

セルフホワイトニングは本来の色へと近づけていくものなので、個人差が大きくなります。

1回でも大きく色が変化する方もいれば、汚れが何層にも積み重なっていて色が変化していくために

回数が必要な場合もあります。

 

結婚式などのイベントがあり期日が決まっている方は毎日でも詰めて通って頂くことも可能です。

人によっては口を大きく開けることでだるさが出ることがありますが、

毎日行って頂いても人体への影響はありません。

 

 

 

Q:人口の歯でも大丈夫ですか?

 

A:はい。ご利用いただけます。

セルフホワイトニングでの光触媒作用は人口の歯の表面についた汚れも落ちますので、

そういった方にもとてもお喜び頂いています。

 

ただし、人工の歯を入れるときには周りの歯の色に合わせて入れていくので、

セルフホワイトニングで歯の色が白くなってきたときに人工の歯の黄色さが目立つ場合があります。

 

 

 

 

Q:虫歯の治療中でも大丈夫ですか?

 

A:はい。ご利用いただけます。

セルフホワイトニングにより虫歯が悪化するということはありませんので問題ありません。

 

また、光触媒作用には「虫歯・歯周病の原因菌の抑制」という効果があるので

矯正中の方など普段の歯磨きでの磨き残しが気になる方にもオススメです。

 

 

 

 

Q:小さいころから歯が黄色い場合は変わりますか?

 

A:効果は感じにくくなります。

歯の構造は内部の象牙質と外側のエナメル質から構成されています。

遺伝や加齢によってエナメル層が薄くなると、内部の象牙質が透けてしまい黄色く見えてしまいます。

このような場合は表面に汚れが着色しているものとは異なってしまうため、効果は感じずらくなります。

 

 

 

 

Q:妊娠中、授乳中、産後直後は大丈夫ですか?

 

A:人体に影響を与えるものではないので問題ありませんが、一度医師にご確認ください。

ホワイトイング溶液は化粧品登録されており、LEDライトも人体に影響のない波長に設定されているので

安全に受けて頂いております。

 

ですが、妊娠中は体がとてもデリケートな状態になっているためご遠慮いただく場合があります。

 

他には

・顎関節症の方

・チタン、ラテックスアレルギーの方

・光過敏症の方

・歯または体内に異常を感じて医師の診断を必要とされている方

はセルフホワイトニングのご利用をご遠慮いただく場合があります。

 

 

 

セルフホワイトニングは、「クリーニング」のようなものです。

光触媒作用によって汚れを浮かし白くしていきます。

この光触媒作用についてはこちらのブログをご覧ください。

 

「セルフホワイトニングでなぜ歯が白くなるのか!?~その仕組みについて~」

 

 

 

 

他にも何かわからないことがあればお気軽にお問い合わせください(^^)/

 

お問い合わせ窓口⬇︎

【セルフホワイトニング】歯に汚れが付きやすい理由とは?

 

こんにちは!長島治療院です(^^♪

 

 

歯についた”汚れ”というものは普段の食生活や生活習慣によって積み重なり

普段のケアでは落としきれずに蓄積していきます。

 

このステインによる汚れはつきやすい人がいます。

 

ステインが付きやすい歯の特徴

①歯磨きが不十分

お茶やコーヒー、カレーやワインなどを食することで

汚れが歯の表面に残り歯の黄ばみが現れます。

なので日々の歯磨きで汚れをしっかりと落としていく事が大切です。

食後に歯磨きをしなかったり、歯と歯の間を丁寧に磨かないと

歯磨きで汚れが落としきれずに残ってしまいます。

 

②過剰なお手入れ

歯を丁寧に磨かないと汚れは蓄積していきますが、

だからと言って”磨きすぎ”も良くないんです。

歯は表面がエナメル質で覆われていて、その下には象牙質があります。

エナメル質は半透明の硬い組織で、象牙質は黄色い組織になります。

普段の歯磨きでしっかりと磨こうと思い、

力を入れてゴシゴシと歯ブラシを動かしたり、研磨剤入りの歯磨き粉を使用すると

表面のエナメル質に細かい傷が付き、その隙間に汚れが入り込み

歯の黄ばみへと繋がってしまいます。

 

歯を磨く時には歯ブラシを鉛筆持ちにして軽く動かして磨くと

力が入りすぎずに磨くことができますよ(^^)/

 

 

ステイン以外の変色とは

歯の色が変わる理由としては上のようなステインによるものだけでなく

歯の内部からの変色もあります。

・抗生物質(テトラサイクリン)の過剰な服用

・高濃度のフッ素

・神経がない

・加齢による変化

こういった原因で歯が黄ばんだり表面のエナメル質が透けて見えたりしていきます。

 

セルフホワイトニングは汚れを落としたり、虫歯・歯周病菌の抑制や、コーティングを

するものなので、こういった歯の内部からの変色に対しては白くしていくことはできません。

 

お勧めのケア方法

【セルフホワイトニング】

手順も簡単!施術時間や役30分でホワイトニングが行えます(^^)/

痛みやしみたりすることも、食事制限もありません。

施術直後から食事をして頂いてもかまいません。

美顔鍼とのセットコースもご用意しておりますので一緒に受けて頂くとお得になりますよ!(^^)!

(セットのコースはスタンダードコース、プラチナコースに限ります。)

 

みなさん是非お試しください!

 

 

 

 

お問い合わせ窓口⬇︎