セルフホワイトニング

セルフホワイトニングキャンペーンのお知らせ☆

こんにちは!長島治療院です!

 

期間限定でのキャンペーンのお知らせです!

 

 

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

 

期間中、お一人様1回に限り¥3,000+税でセルフホワイトニングをご利用いただけます!

期間:2/25(月)~3/16(土)

 

初回の方は¥3,500+税→¥3,000+税に!

2回目以降の方は¥4,500+税→¥3,000+税に!

 

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

 

セルフホワイトニングは独自のホワイトニング溶液を使用し、溶液がステイン汚れに吸着し

LEDライトを照射することで歯の表面から浮き上がらせてくれます!

ホワイトニング溶液の主成分は酸化チタンというものでホワイトチョコやヨーグルトにも含まれており

しみたり痛みを感じることもないですし、ホワイトニングの直後に食事をしていただくことも可能です!

 

 

接客業や営業のお仕事をされていて人と話す機会の多い方や

春にお子さんの卒業式や入学式を控えられている、または結婚式や前撮り前の方にも!

 

 

今からスタートすればステイン汚れを落として自然な白さで迎えられます\(^o^)/

 

とってもお得なチャンスをお見逃しなく!

 

 

 

お問い合わせ窓口⬇︎⬇︎

知覚過敏の予防のためにできること

こんにちは!長島治療院です!

 

前回は知覚過敏についてお話ししたので、今回はその予防法についてお話ししていきます。

知覚過敏についてはこちら

 

 

前回のおさらいとして、知覚過敏の原因は

歯肉の退縮

歯の破折

歯がすり減ることによる象牙質の露出

歯が溶けることによる象牙質の露出

などによるものということでした。

 

 

 

予防法

 

歯肉の退縮や象牙質の露出を防ぐためには

・歯磨きの方法

・プラークを取り除く

ということを注意しましょう。

この2つは歯周病や虫歯の予防にも繋がります。

 

 

知覚過敏には的確な予防法はないとされていますが、

歯周病や虫歯の予防をすることが知覚過敏の予防につながります。

 

 

 

歯磨きの方法

 

歯磨きのポイントは

・歯ブラシは「ふつう」「やわらかめ」を選ぶ

・細かく動かす

・軽い力で動かす

この3つです。

 

歯は表面にエナメル層、その奥に象牙質があり、象牙質では刺激が神経へと伝わりやすくなるため、

冷たい飲み物を飲んだ時に象牙質が露出されているとしみやすくなります。

 

食後に口の中が酸性の状態になり、表面のエナメル質が溶けやすくなっている時に強い力でゴシゴシ磨く、

こういった歯磨きの方法を続けているとエナメル質が薄くなり象牙質が露出してしまう場合があります。

 

また、歯ブラシを大きく動かしてしまうと歯の平らなところしか磨けず、

歯と歯の間にプラークがたまり歯周病の原因になります。

歯周病は歯肉を退縮させ、象牙質の露出に繋がります。

 

毎日の歯磨きを丁寧に行い虫歯や歯周病、知覚過敏のリスクを抑えましょう。

 

 

 

セルフホワイトニングでオーラルケア!

 

「ホワイトニング」というと歯を白くするというイメージがありますが、

当院のセルフホワイトニングではオーラルケアとしてもご利用いただけます。

セルフホワイトニングは歯の表面の着色汚れを落とすクリーニングです。

独自のホワイトニング溶液とブラッシングにより、虫歯の予防にも効果があります。

 

中には知覚過敏お方でセルフホワイトニングを受けているうちに、

「知覚過敏のしみる感覚がなくなってきた」

という方もいらっしゃいました。

 

 

 

知覚過敏も軽度から重度のものまで様々ですし、

「しみる」という感覚は知覚過敏だけではなく虫歯でもみられる症状になります。

もし冷たいものを飲んだ時にしみるという症状が出た場合には、

一度歯医者さんに相談してみましょう。

 

 

 

お問い合わせ窓口⬇︎⬇︎

キーンとしみる知覚過敏の原因は?

皆さんこんにちは! A.TNAGASHIMAです!

今日知覚過敏についてお話したいと思います!

皆さんは、冷たいものを食べた時に歯が“キーン”としみる事はありませんか?

知覚過敏とは、冷たいものを口に入れた時、歯が風にあたった時、歯ブラシの毛先が触れた時などに歯に感じる一過性の痛みで、特にむし歯や歯の神経の炎症などの病変がない場合に見られる症状を言います。

 

原因

歯の1番表面にあるエナメル質は削っても痛みを感じる事はありません。象牙質はその内側にあります。

 

象牙質は器具でこすったり、冷たいものや熱いものなどに触れると、その刺激は内部の神経に伝達されて、痛みを感じます。

つまり、象牙質は痛みを感じる部分となります。

通常、象牙質はエナメル質に覆われているので、痛みを感じる事はありませんが、極端に冷たいものなどが歯に触れると、

エナメル質の上からでも温度が象牙質に伝わって歯の痛みを感じる事があります。

また、様々な理由で象牙質が露出する事で刺激が神経に伝達されやすくなり、知覚過敏を生じます。

象牙質が露出する原因としては

①歯肉の退縮

②歯の破折

③歯がすり減ることによる象牙質の露出

④歯が溶ける事による象牙質の露出

などが考えられます。

他にもむし歯治療に伴う知覚過敏やホワイトニングに伴う知覚過敏などもみられます。

次回は、知覚過敏に対する予防法をお伝えいたします(^o^)/

 

 

 

 

お問い合わせ窓口⬇︎⬇︎

むし歯ができる原因とは!?

皆さんこんにちは!A.T.NAGASHIMAです(^O^)

 

今日むし歯についてです!

 

そもそも、むし歯とは口の中にいる細菌が、普段私たちが食べたり飲んだりする糖分をエサにして作り出した“酸”によって歯が溶けた状態の事を言います。

では、どのようにしてむし歯ができるのでしょうか、、、?

 

 

通常、口の中には様々な種類の細菌が数多く住んでおり、その中にはむし歯や歯周病の病原菌も含まれています。

特にむし歯の病原菌としてはミュータンス菌と言われるものがあり、皆さんもよく耳にした事があると思います。

 

このミュータンス菌は、私たちが普段食事やお菓子などで摂取する食べ物や飲み物に含まれる“糖分”を栄養にして増殖します。

 

増殖した時に菌の周囲にネバネバの“グルガン”という物質を放出し、そこにたくさんの細菌の集合体が形成されます。

 

これが増えて菌の白い汚れとなったものが“プラーク”です。

 

またミュータンス菌は乳酸も作り出すのでプラークの中は酸性になり、接触している歯の表面は酸によって溶けてしまいます。

この歯が溶ける状態が続くと、穴があいて、いわゆるむし歯ができてしまいます。

 

 

むし歯ができやすいところ

 

むし歯ができやすいところは、

 

①プラークのつきやすいところ ②取りにくいところ 

です。

 

特に若年者では、奥歯のシワや溝などの凹んでいるところ、歯の根元で歯肉に近いところ、そして歯と歯の間です。

 

むし歯になりやすい人

 

ほとんどの人の口の中にはむし歯菌が含まれています。

 

このむし歯菌が多くなるような人、むし歯菌が活発に活動しやすいような生活習慣を行なっている方はむし歯になりやすいです。

 

つまり、歯磨き食生活が大きく影響します!

 

セルフホワイトニングでむし歯予防も!

 

 

セルフホワイトニングを受けていただく中で、ブラッシングを3回行っていただきます。

 

先ほどもお伝えしたように、むし歯予防には歯磨きが大切になります。

 

セルフホワイトニングは歯を白くするだけでなく、むし歯予防にもつながります!

 

年末年始、忘年会や新年会などで食生活が乱れるかと思いますが、今のうちに普段からの歯磨きや、セルフホワイトニングでむし歯予防を行なっていきましょう!

 

 

 

お問い合わせ窓口⬇︎

意外と知らないドライマウスの落とし穴!

ドライマウスとは

口腔乾燥症というもので、唾液量の現象と質の異常をきたします。

何らかの原因で唾液の分泌量が低下し、口の中が乾燥するものです。

口の渇きにより不快感を感じることもあります。

「たかが口の渇き」と思いがちですが、病気の症状の一つとして現れることもあります。

 

 

 

唾液の働き

・消化促進

唾液には消化酵素が含まれており、胃や腸での消化・吸収を助けます。

・浄化

口の中に残った食べかすを洗い流し、口の中を綺麗に保ちます。

・抗菌

唾液に含まれるリゾチームやラクトフェリンが細菌の増殖を抑制します。

・再石灰化

食事などにより口の中が酸性になると歯は溶け出してしまいますが、唾液に含まれるカルシウムやリンがこれを修復します。

 

 

 

 

原因

・加齢

・糖尿病、腎不全など

・膠原病(シェーグレン症候群)

・ストレス

・飲酒、喫煙

・筋力低下

・薬の副作用

 

 

 

症状

・口の中が乾燥する、粘つく

・唇のひび割れ

・口臭

・乾いた食品を食べられない

・食べ物をうまく飲み込めない

・話しにくい

 

 

 

 

 

ドライマウスを放置しておくと…

口内の自浄作用が働きにくくなることで、虫歯や歯周病が増えます。

誤嚥性肺炎などの全身疾患を引き起こすこともあります。

 

たかが口内の乾燥と思われがちですが、唾液は重要な役割を果たしていて

虫歯になりやすくなるだけでなく全身への影響もあります。

 

 

 

対処法

・カフェイン、タバコ、アルコールを控える

口の渇きを促進させるものは控えましょう。

 

・加湿器

空気中の乾燥がドライマウスを悪化させることもあります。

 

・鼻呼吸

口呼吸は口の乾燥を促進させるので、鼻呼吸を心がけましょう。

 

・医師、薬剤師に相談する

服用している薬の中にドライマウスを引き起こしている可能性があります。

 

・食べ物をよく噛む

噛むことで唾液の分泌を促します。食事の際にすぐに飲み込まずよく噛んで食べましょう。

 

・唾液腺マッサージ

唾液腺をマッサージで刺激することで唾液が出てくるのを感じられます。あまり強く押しすぎずに5~10回程度を目安に行います。

 

 

 

 

お問い合わせ窓口⬇︎

キシリトールはなぜむし歯に効果があるのか?

 

皆さんこんにちは! A.T.NAGASHIMAです!

 

 

普段の生活の中で、【キシリトールガム】や【キシリトールタブレット】などを口にしたことはあるかと思います。

 

今日はその【キシリトール】について詳しく解説いたします!

 

1.キシリトールとは

 

キシリトールとは“糖アルコール”という甘味炭水化物の仲間です。

 

自然界では多くの果実や野菜に含まれており、人の肝臓でも1日当たり約15gのキシリトールが作られています。

 

ガムやタブレットに含まれているキシリトールは白樺や樫などの木から抽出されるシランヘミセルロースを原料にして工業的に作られています。

 

また、日本では“食品添加物”として認可されており、人体にも安全であることが知られております。

 

そして、アメリカでは、その安全性から「1日にどれだけ摂取しても良い食品」として扱われています。

 

2.キシリトールは虫歯の原因にはならない甘味料⁉

 

キシリトールを始めとする“糖アルコール”は口の中で歯を溶かすほどの酸は作られない為、むし歯の原因にはなりません。

 

また、キシリトールは甘みが強いのでその甘味により、唾液も出やすくなります。

 

酸を作らない事と唾液の分泌を刺激して酸を中和する事がキシリトールがむし歯の原因にならない理由です。

 

 

3.なぜキシリトールはむし歯を防ぐのか?

 

キシリトールがむし歯を防ぐ理由は大きく2つに分ける事ができます。

 

1つはキシリトールだけでなく、他の糖アルコールも持つ唾液分泌の促進と再石灰化作用であり、

 

もう1つはキシリトールだけが持つ酸を作らない事と、歯垢中の酸の中和促進、ミュータンス菌の代謝の阻害です。

 

唾液分泌の促進と再石灰化作用では、糖アルコールには甘みがあるため、口腔内に入れると味覚を刺激し、唾液分泌を促進します。

 

また、キシリトールには歯垢中に存在する、ショ糖を分解する酵素(シュクラーゼ)の活性を低下させ、

 

歯垢中で酸ができにくくする作用に加え、アンモニア濃度を上げて酸の中和を促進す働きがあります。

 

4.キシリトールの効果が期待出来る食べ物は?

 

キシリトールの効果が期待できるお菓子はガムかタブレットに限られます!

 

その他のお菓子や食品(ケーキやジュース類)にキシリトールが含まれていても、

ガムやタブレットと違い、キシリトールが口の中にとどまる時間が短い為、むし歯予防の効果は期待できません。

 

むし歯予防の効果を十分に発揮させるには高濃度キシリトール配合のガムかタブレットを1日3回、3ヶ月以上続ける必要があると言われています!

このように、普段何となく口にしている“キシリトール”には様々な特徴があり、また、むし歯を防ぐ仕組みも研究結果として出ています!

当院でのセルフホワイトニングに加え、上手くキシリトールを利用する事でさらに清潔感のある歯を手に入れていきましょう!

 

 

 

 

お問い合わせ窓口⬇︎

ホワイトニングに関するQ&A!!

こんにちは!長島治療院です(^ ^)!

 

 

ホワイトニングと一言にいっても種類もたくさんあり、特徴もそれぞれ違います。

「ホワイトニングは気になるし、やってみたいけど…。」と色々気になってあと一歩をなかなか踏み出せない方に、Q&Aという形でホワイトニングについてまとめて見ましたので、参考にしてみてください^^

 

 

 

Q 痛みはありませんか?

 

A  ホワイトニングの種類によりますが、歯医者さんで行うオフィスホワイトニングでは強い薬剤を使用するので痛みが出やすくなります。ですが、その分芸能人の方のように真っ白な歯にすることも可能です。

一方セルフホワイトニングは、痛みを感じたり歯がしみたりすることはありません!

歯の表面についた汚れを落としていくクリーニングのようなものなので自然な白さになります。

 

オフィスホワイトニングとセルフホワイトニング について詳しくまとめているものもありますので、もっと詳しく違いを知りたい!という方は下のブログをご覧ください!

『ホワイトニングってどれがいいの?〜3種類のホワイトニングの特徴〜』

『3種類のホワイトニングのメリットとデメリット』

 

 

 

 

 

Q ホワイトニングにはどんな人が通っていますか?

 

A  社会人、大学生などの学生まで幅広くホワイトニングをされています。

「歯が白い」「ホワイトニング」というと、芸能人やモデルさんがするものというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、最近では一般的に歯に対する意識が高まってきています。

・綺麗になりたい

・若く見せたい

など、美容のメンテナンスとして通われる方もいらっしゃいます。

 

・結婚式を控えている方

・成人式やその前撮りを控えている方

など、イベント前に通われる方もらっしゃいます。

一生の記念だから、歯を白くして当日を迎えたいと思う方も多いようです。

 

また、それだけではなく

・営業や受付の勤務で人と接する機会の多い方

・就職活動中の学生

歯が白くなると、清潔感がUPします。

人に好印象を与えるためにもホワイトニングはオススメです。

 

笑顔も黄ばんだ歯よりも白い歯の方がより一層魅了が引き出されますね!

 

 

 

 

 

Q  食事制限はありますか?

 

A  ホワイトニングの種類によって異なります

歯医者さんでおこなうオフィスホワイトニングでは基本的に食事制限があります。オフィスホワイトニングでは、あえて歯の表面に傷をつけるようなものなので、汚れがつきやすい状態になるからです。

 

それに足してセルフホワイトニングでは食事制限は全くありません。セルフホワイトニングでは、歯の表面をコーティングする作用もありますので汚れをつきにくくなりますので、直後に食事をしていただいても構いません。

 

着色のしやすい食事の例として、カレーやコーヒー、紅茶などが挙げられます。「カレーが大好き!」「コーヒーは毎日飲む。」といった方には食事制限は苦しいものかもしれませんね。オフィスホワイトニングの方が効果は高いので自分の生活習慣などに合わせて選択できるといいと思います。

 

 

 

 

 

Q  どのくらいのペースで通いますか?

 

A  こちらも、ホワイトニングの種類によって異なります

オフィスホワイトニングでは、1回〜4回とされているところが多いようです。

1回でも効果は高いので、1回でも満足できなければ継続しておこない、希望のトーンまでホワイトニングをしていきます。

 

セルフホワイトニングでは、週1回のペースで4〜5回おこない、まずは自分の元の歯の色に近づけていきます。そこからメンテナンスとして少しづつ間を開けていきながら継続して行っていきます。

 

 

 

こうしてホワイトニングには様々な種類があり、それぞれやり方も効果の出方も変わってきます。

ぜひ自分に合ったホワイトニングを選んで見てください^ ^

 

 

 

 

大阪市北浜・淀屋橋でセルフホワイトニングをお探しでしたらご都合の良いお時間帯などご相談ください。その他にも気になることがあれば、お電話・LINE@でのご相談も受け付けております。

 

歯周病を甘くみてはいけない!?アルツハイマー病を引き起こす誘因に!

こんにちは!長島治療院北浜です!

 

 

先日は歯周病のケアについてブロブでお伝えしました。

(まだご覧になっていない方はこちら

歯周病予防にもセルフホワイトニング !

 

 

歯周病は歯肉の腫れや赤み、ひどくなると溶けて歯がグラグラになったりしますが、

それだけではなかったんです。

 

 

歯周病はなんと

・狭心症

・心筋梗塞

・脳梗塞

・糖尿病

・誤嚥性肺炎

・骨粗しょう症

などの誘因になり、健康を阻害する重大なリスクファクターになると言われています。

(日本臨床歯周病学会より)

 

 

歯周病を放置すれば約300種類もの歯周病の原因菌が産出する「酪酸」が「アルツハイマー病」の発症リスクを高めるとする研究が初めて発表されました。

 

 

その詳細がこちらです。👇👇👇

 

アルツハイマー病の発生機序は完全には未解明とされていますが、

体内の酸化反応が組織や細胞に危害を与える「酸化ストレス仮説」が有力とされています。

いくつかの歯周病の原因菌が生成する「酪酸」が歯周細胞内に取り込まれると鉄分子(ヘム)、過酸化水素、遊離脂肪酸が過剰に産出されるため、酸化ストレスにより歯周細胞が破壊されてしまうそうです。

 

 

さらに研究チームは酪酸が脳にどのような影響を与えるのかを調べたところ、

酪酸を注射した動物は海馬という主に記憶を主る部位で先程の鉄分子(ヘム)、過酸化水素、遊離脂肪酸の上昇率が高く、また細胞死を誘導するタンパク質分解酵素の濃度も上昇していました。

 

歯周病患者の詩集ポケットからは健常人の10~20倍もの酪酸が検出されることから、歯周病巣の酪酸が長期にわたって脳内に取り込まれると、アルツハイマー病を引き起こす一因になるので、早めに治療をするべき

と、日本大学の落合陽一教授も指摘されています。

 

 

 

 

歯周病は痛みの出ない場合も多いので、気づかずにそのままに放っておく方も多いかもしれませんが、

こういった重大な疾患になりかねないので早めにケアをしていくことをオススメします。

 

 

歯周病予防にもセルフホワイトニング !

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ窓口⬇︎

歯周病予防にもセルフホワイトニング!

こんにちは! 長島治療院北浜です(^-^)

 

今日は、皆さんも1度は耳にしたことのある歯周病についてです!

 

 

【歯周病ってどんな病気?】

 

そもそも、歯周病とは細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。

 

歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が行き届かないでいると、そこに多くの細菌が停滞し、歯肉の辺縁が炎症を起こして赤くなったり、腫れたりします。

 

しかし、痛みはほとんどの場合ありません。

 

そして進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて歯が動くようになり、最後は抜歯をしなければいけなくなってしまいます。

 

 

【歯周病の原因】

 

 

お口の中にはおよそ300~500種類の細菌が住んでいます。

 

これらは普段はあまり悪い事をしませんが、ブラッシングが充分でなかったり、砂糖を過剰に摂取すると細菌がネバネバした物質を作り出し、歯の表面にくっつきます。

 

これを歯垢(プラーク)と言い、粘着性が強くうがいをした程度では落ちません。

 

この歯垢(プラーク)1mgの中には10億個の細菌が住みついていると言われ、むし歯歯周病を引き起こす細菌が特異的に存在していると言われています。

 

歯垢はそのままにしておくと硬くなり、歯石とよばれる物質に変化し、歯の表面に強固に付着します。これはブラッシングだけでは取り除く事ができません。この歯石の中や周りにさらに細菌が入り込み、歯周病を進行させる毒素を出し続けます。

 

 

【歯周病予防にもセルフホワイトニング!】

 

 

実は、当院でも行なっているセルフホワイトニングは歯周病予防にも効果的です!

 

セルフホワイトニングを行なっていく過程で歯ブラシでブラッシングも行うので、歯周病の原因でもある、歯垢が溜まるのを防ぎます。

 

このように、セルフホワイトニングでは歯を白くするだけでなく、むし歯や歯周病の予防にも効果があります!

 

是非一度、当院のセルフホワイトニングを体験してみてください(^ ^)

 

 

 

 

 

お問い合わせ窓口⬇︎

【美歯Navi第2弾】セルフホワイトニングや美歯口が掲載!

こんにちは!

 

 

院内で読んで頂ける雑誌が新しく増えましたのでご紹介します。

 

 

 

日本初のオーラルマガジン専用「美歯Navi 第2号」です!

雑誌にはオーラルケアの情報なども掲載されています。

当院で取り扱っているセルフホワイトニングや美歯口商品も紹介されています。

 

 

是非お手に取ってご覧ください。

 

 

最近は歯に注目される方も増え、オーラルケアの商品なども増えてきています。

歯をきれいにすると、笑顔に自信を持つことができ、人と話をするときにも自然と笑顔が増えます。

人と接する機会の多い方や、キレイになりたい、若く見られたいという方にもおススメです。

 

インスタ映えの白い歯に!

 

気になる方はスタッフまでお問い合わせください(^^)/

 

 

 

 

お問い合わせ窓口⬇︎