セルフホワイトニング

【口呼吸】のお話。

 

こんにちは! A.T.NAGASHIMAです!

 

 

皆さんは普段、口呼吸をしていますか?それとも鼻呼吸ですか?

寝ている時、無意識に口呼吸になっている方も多いのではないでしょうか?

 

ヒト以外の動物にも「口」がついていますが、実は口呼吸ができるのは私たち、“ヒト”だけなんです!

犬がハアハアと舌を出しているのは口呼吸をしているのではなく、体温調節を目的に行っています。

 

 

今日は【口呼吸】についてお話します!

 

口呼吸になる原因

 

・アレルギーによるもの

→花粉症、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎などによって鼻づまりを引き起こし、口呼吸となりやすい。

・飲酒によるもの

→過度な飲酒は鼻粘膜の血管を拡張させるため、鼻づまりになりやすい。

・肥満によるもの

→肥満になることで、首周りにも脂肪がつき、空気の通り道が狭くなることで口呼吸になりやすい。

など他にも様々な原因が考えられますが、特に“飲酒”や“肥満”によるものは生活習慣を見直すことで改善されるのでしょうか。。

 

 

鼻呼吸と口呼吸

 

鼻は、「異物を除去し、温かく水分を帯びた空気を体内に取り入れるため」にあります。

また鼻呼吸では空気の通り道が狭く、ゆっくり吸収されるため、取り入れられる空気は温められ、さらに水分を含むようになるので、加温・加湿されると共に、異物が気管支や肺に直接取り込まれることも避けられます。

しかし口呼吸では、外の空気がそのまま取り込まれるため、口の中や気道が乾燥し、のどの痛みや炎症が起こったりします。

さらにウィルスや異物が直接侵入する為、インフルエンザなどの感染症にかかりやすくなります。

 

 

口呼吸が引き起こす身体の不調

口呼吸は様々な身体の不調を引き起こすと言われています。

 

①口の中で起こる疾患

口臭、むし歯、歯周病、ドライマウス、顎関節症 など。

 

②免疫系の乱れで起こる疾患

アレルギー疾患、膠原病、ベーチェット病 など。

 

③自律神経の乱れで起こる疾患

胃腸の疾患、高血圧、糖尿病、肩こり など。

 

④その他

かぜ、インフルエンザ、睡眠時無呼吸症候群、いびき など。

 

改善法

 

口呼吸の改善法には

 

・「あいうえお体操」で口の周りの筋肉を鍛えて口を閉じやすくする。

・横向きで寝る

→横向きで寝る事で舌が後ろに落ち込まず、気道が広がって口呼吸になるのを防ぎます。

 

などがあります。

 

口呼吸でお悩みの方は是非一度お試しください!

 

お問い合わせ窓口⬇︎⬇︎

歯磨き後の仕上げうがいは何回がベスト⁉

 

 

皆さんこんにちは! 平井です(^^)v

 

今日から歯に関する雑学をちょこちょこと更新していくので、皆さん楽しみにしていてくださいね^o^♩

 

第1弾は、【歯磨き後のうがいは何回がベストなのか?】についてです!

 

先に答えを言ってしまいますが、実は歯磨き後は1回がベストと言われています!

 

それはなぜでしょうか、、、。

 

虫歯は、いわゆる虫歯菌が糖を食べて酸をつくり、これが歯の成分であるハイドロキシアパタイトを溶かす事により起こります。

 

これを“脱灰”と言います。

 

初期の虫歯では脱灰したハイドロキシアパタイトが歯に戻る“再石灰化”と呼ばれる現象が起こります。

 

脱灰と再石灰化のバランスが保たれていれば虫歯になる事はありません。

 

フッ素(フッ化物を含むアパタイト)は再石灰化を起こしやすく、いったん歯に戻ると脱灰しにくいため、

 

歯の表面が強いハイドロキシアパタイトに置き換わり、虫歯に強くなります。

 

つまり、再石灰時にフッ化物がお口の中にある事が重要になります。

 

→虫歯予防にはフッ素入りの歯磨き粉が良いと言われているのはこの為です。

 

ではここで、“なぜ歯磨き後のうがいは1回で良いのか”についてです!

 

歯磨き後に何度もうがいをすると歯磨き粉に含まれるフッ化物が流れて薄くなってしまいます。

 

歯磨き後に汚れを全て吐き出した後の“仕上げうがい”はごく少量の1回だけにして、しばらく飲食をしない事により、

 

再石灰化の効果が高まります!

 

1回だけのうがいだと、身体への害を心配されるかと思いますが、

 

現在国内で販売されている歯磨き粉の多くは身体に安全な濃度になっているので安心していただいても大丈夫です!

 

皆さんも是非虫歯予防の為に、うがい後の仕上げ磨きを1回にしてみてください(^^)/

 

 

 

 

お問い合わせ窓口⬇︎

セルフホワイトニングで白くならない例とは?

こんにちは!長島治療院です。

 

セルフホワイトニングは歯に付着した黄ばみ汚れを浮かせて落とすクリーニングのようなものです。

なので、歯の状態によっては白くならない場合もあります。

 

 

 

セルフホワイトニングで白くならない例

 

①人工の歯(入れ歯、さし歯、詰め物、被せ物)の経年変化による変色

②虫歯の治療などで神経を抜いた歯

③遺伝

④テトラサイクリン系抗生物質を幼少期に過剰摂取した

②~④は歯の内部からの変色が起こります。

 

上に挙げたような場合は、歯の内部から変色が起こっており、セルフホワイトニングのように

歯の表面の汚れを落とすだけでは白くはなりません。

 

今日は、この中の④テトラサイクリン系抗生物質の過剰摂取による変色についてお伝えします。

 

 

 

テトラサイクリン系抗生物質とは?

 

細菌はタンパク質合成をすることで増殖していきます。そのタンパク質合成は細胞の中にあるリボソームという場所で行われています。

 

テトラサイクリン系抗生物質はこのリボソームでのタンパク質合成を阻害し細菌の増殖を抑えてくれます。

 

 

 

どのような時に服用するのか?

 

ブルセラ菌、ライム病では優先的に使用されます。

 

ヘリコバクター・ピロリ菌で他の抗菌薬に耐性がある場合や、熱帯熱マラリア予防に使用する場合もあります。

 

 

 

どうして歯が変色するのか?

 

テトラサイクリン系抗生物質を歯の石灰化期(8歳ごろまで)に投与すると歯の内部の象牙質が変色する原因になります。

 

テトラサイクリン系抗生物質が金属イオンを挟み込み、キレートというものを作ります。この成分が石灰化が進行中の歯に沈着して着色を起こすと考えられています。

 

 

 

 

このような歯の内部からの変色はセルフホワイトングでは白くなりません。

ホワイトニングを希望される方は歯科医院などでのご相談をお勧めします。

 

 

こういった方でも、オーラルケアとしてセルフホワイトニングをご利用していただくことはもちろん可能です\(^o^)/

 

 

 

 

 

お問い合わせ窓口⬇︎⬇︎

【重要】初回価格改定のお知らせ

こんにちは!長島治療院です!

いつもご利用いただきありがとうございます。

 

今回は価格改定に関する重要なお知らせです。

 

 

当院のセルフホワイトニングはご好評につき、初回限定価格¥3,500+税を

 

4月1日より、¥3,000+税へと改定致します。

 

 

セルフホワイトニングは歯の着色汚れを落とすだけでなく、

独自のホワイトニング溶液とブラッシングにより虫歯予防などのオーラルケアにも役立ちます。

 

4月になり、初めて会う人も多くなります。出会いの季節ですね!

印象は出会って最初の数秒で決まります。

その第一印象が決まる要因の半分以上が見た目からくるものです。

 

 

口元は目元の次に目線がいきやすい場所なので、とても重要になります。

歯が白くなると清潔感もUPし、若く見えます。

上の写真を見比べてみても、歯が黄ばんでいる右側の写真よりも歯が白い左側の写真の方が

笑顔もぱっと明るく見えますね!

 

 

 

セルフホワイトニングのご予約はLINE@からでもお取りしておりますが、ご連絡いただいた時点では仮予約とさせて頂いています。当院から確定のご連絡をさせていただきますので、お名前とお電話番号、ご希望の日付と時間帯をご記入の上ご連絡ください。

 

 

歯にできる「シミ」の正体は?

 

皆さんこんにちは! 平井です(^O^)

一般的に“シミ”と聞くと、お肌にできるシミをイメージされる方が多いかと思いますが、実は歯にもシミが出来る事があり、そのシミを【ホワイトスポット】と呼びます。

 

今日はそのホワイトスポットについてご説明いたします(^o^)

 

 

【ホワイトスポットとは】

本来歯はエナメル質でおおわれている為均一な乳白色になっていますが、その一部のキメが乱れてしまうことによって白くくすんだような状態になってしまいます。

ホワイトスポットが前歯にあるとそれがコンプレックスになり、人と話す時や笑顔に自信が持てなくなります、、、。

 

【原因】

ホワイトスポットができる原因には大きく分けて2つあります。

それは、

①むし歯の初期症状

②先天的なもの

です。

 

 

①むし歯の初期症状

口の中が酸性に傾いた状態が続き歯の中のカルシウム成分が不足すると、

白く濁ってシミのように見える事があります。

この段階では痛みや変色はありませんが、この状態が続いてしまうとむし歯に進行していきます。

 

②先天的なもの

先天的にシミのある方も中にはいます。これは発育中に生じた異常で、エナメル質形成不全の一つです。

先天的な方の場合は歯の内部で発生しています。

 

その他にも

栄養不足・幼少期に受けた外傷・ フッ素濃度の高い飲食物の過剰摂取なども原因として考えられます。

 

【予防法】

このホワイトスポットの予防法としては

①間食を控える

②ブラッシングをしっかりと行う

この2つが大切になります。

 

①間食を控える

間食を多く行うことでお口の中に食べ物が残っている時間が長くなり、歯のエナメル質からカルシウム成分が溶け出してホワイトスポットが出来る事があります。

今、間食をよくしている方は少しづつ減らしてみましょう!

 

②ブラッシングをしっかりと行う

歯の表面に歯垢が残っていると、そこからホワイトスポットが広がる可能性があります。

歯磨きをする際は歯の表面をしっかりと磨きましょう!

 

もちろん、歯磨きをする事でむし歯予防にもつながります!

日々のオーラルケアをしっかりと行っていきましょう★

 

 

 

 

お問い合わせ窓口⬇︎⬇︎

歯石とは?歯磨きで落とせなくなる前にしておくべきこと

こんにちは!セルフホワイトニングができる長島治療院です。

 

当院にセルフホワイトニングに来られる方の中でもホワイトニングの経験はないが、歯石除去は歯医者さんで定期的に行っているという方もいらっしゃいます。

 

 

歯石とは?

歯石とは、歯茎の上や、歯と歯茎の間に付着した石のようなもので、歯垢が石灰化し硬くなってできます。歯石になると、歯磨きだけでは落とすことができず、歯医者さんで歯石除去をしてもらうしか取り除く方法はありません。

 

歯石だけでは特に害はありませんが、歯石の表面はデコボコ、ザラザラしているので、その表面に歯垢(プラーク)がたまりやすくなります。歯垢は細菌の塊なので、虫歯や歯周病、口臭などの原因になってしまいます。

 

 

 

種類

・歯肉縁上歯石:歯茎の上についた見える歯石

・歯肉縁下歯石:歯と歯茎の間についた見えない歯石

 

歯石は歯茎の上の見えているところだけでなく、歯と歯茎の間といった目に見えないところにも付着し、細菌の温床になってしまいます。

 

 

歯石ができるまで

糖(砂糖やご飯など)を摂取すると、食事に含まれる糖分を栄養にして細菌が増殖していきます。ネバネバとした物質を作りだし、歯の表面に強力にくっつきます。この状態が歯垢(プラーク)です。

 

この段階ではまだしっかりと歯磨きを行えば自分でも取り除くことができます。

 

この歯垢が唾液中のカルシウムやリン酸と結合し、固くなったものが歯石です。歯に付着した歯垢は2日で歯石に変わります。歯石になると、もう歯磨きだけでは落とすことができません。

 

1mgの歯垢の中には1~2億個の細菌が潜んでいると言われています。こうした歯垢が様々な影響を及ぼしていきます。

 

歯垢の付着を防ぐには飲食後のケアが大切で、そのまま口に残さないようにしましょう。

 

 

予防

・飲食後30分以内に歯磨きをして、口内に歯垢を残しておかないようにしましょう。

・しっかりと歯磨きができるように歯ブラシは月に1回を目安に変えましょう。

歯間ブラシで歯の間のお手入れをして、歯ブラシで届きにくい部分の歯垢を取り除きましょう。

 

 

また、セルフホワイトニングは独自のホワイトニング溶液とブラッシングにより、虫歯の予防などのオーラルケアとしても活用していただけます。

 

 

 

お問い合わせ窓口⬇︎⬇︎

セルフホワイトニングキャンペーンのお知らせ☆

こんにちは!長島治療院です!

 

期間限定でのキャンペーンのお知らせです!

 

 

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

 

期間中、お一人様1回に限り¥3,000+税でセルフホワイトニングをご利用いただけます!

期間:2/25(月)~3/16(土)

 

初回の方は¥3,500+税→¥3,000+税に!

2回目以降の方は¥4,500+税→¥3,000+税に!

 

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

 

セルフホワイトニングは独自のホワイトニング溶液を使用し、溶液がステイン汚れに吸着し

LEDライトを照射することで歯の表面から浮き上がらせてくれます!

ホワイトニング溶液の主成分は酸化チタンというものでホワイトチョコやヨーグルトにも含まれており

しみたり痛みを感じることもないですし、ホワイトニングの直後に食事をしていただくことも可能です!

 

 

接客業や営業のお仕事をされていて人と話す機会の多い方や

春にお子さんの卒業式や入学式を控えられている、または結婚式や前撮り前の方にも!

 

 

今からスタートすればステイン汚れを落として自然な白さで迎えられます\(^o^)/

 

とってもお得なチャンスをお見逃しなく!

 

 

 

お問い合わせ窓口⬇︎⬇︎

知覚過敏の予防のためにできること

こんにちは!長島治療院です!

 

前回は知覚過敏についてお話ししたので、今回はその予防法についてお話ししていきます。

知覚過敏についてはこちら

 

 

前回のおさらいとして、知覚過敏の原因は

歯肉の退縮

歯の破折

歯がすり減ることによる象牙質の露出

歯が溶けることによる象牙質の露出

などによるものということでした。

 

 

 

予防法

 

歯肉の退縮や象牙質の露出を防ぐためには

・歯磨きの方法

・プラークを取り除く

ということを注意しましょう。

この2つは歯周病や虫歯の予防にも繋がります。

 

 

知覚過敏には的確な予防法はないとされていますが、

歯周病や虫歯の予防をすることが知覚過敏の予防につながります。

 

 

 

歯磨きの方法

 

歯磨きのポイントは

・歯ブラシは「ふつう」「やわらかめ」を選ぶ

・細かく動かす

・軽い力で動かす

この3つです。

 

歯は表面にエナメル層、その奥に象牙質があり、象牙質では刺激が神経へと伝わりやすくなるため、

冷たい飲み物を飲んだ時に象牙質が露出されているとしみやすくなります。

 

食後に口の中が酸性の状態になり、表面のエナメル質が溶けやすくなっている時に強い力でゴシゴシ磨く、

こういった歯磨きの方法を続けているとエナメル質が薄くなり象牙質が露出してしまう場合があります。

 

また、歯ブラシを大きく動かしてしまうと歯の平らなところしか磨けず、

歯と歯の間にプラークがたまり歯周病の原因になります。

歯周病は歯肉を退縮させ、象牙質の露出に繋がります。

 

毎日の歯磨きを丁寧に行い虫歯や歯周病、知覚過敏のリスクを抑えましょう。

 

 

 

セルフホワイトニングでオーラルケア!

 

「ホワイトニング」というと歯を白くするというイメージがありますが、

当院のセルフホワイトニングではオーラルケアとしてもご利用いただけます。

セルフホワイトニングは歯の表面の着色汚れを落とすクリーニングです。

独自のホワイトニング溶液とブラッシングにより、虫歯の予防にも効果があります。

 

中には知覚過敏お方でセルフホワイトニングを受けているうちに、

「知覚過敏のしみる感覚がなくなってきた」

という方もいらっしゃいました。

 

 

 

知覚過敏も軽度から重度のものまで様々ですし、

「しみる」という感覚は知覚過敏だけではなく虫歯でもみられる症状になります。

もし冷たいものを飲んだ時にしみるという症状が出た場合には、

一度歯医者さんに相談してみましょう。

 

 

 

お問い合わせ窓口⬇︎⬇︎

キーンとしみる知覚過敏の原因は?

皆さんこんにちは! A.TNAGASHIMAです!

今日知覚過敏についてお話したいと思います!

皆さんは、冷たいものを食べた時に歯が“キーン”としみる事はありませんか?

知覚過敏とは、冷たいものを口に入れた時、歯が風にあたった時、歯ブラシの毛先が触れた時などに歯に感じる一過性の痛みで、特にむし歯や歯の神経の炎症などの病変がない場合に見られる症状を言います。

 

原因

歯の1番表面にあるエナメル質は削っても痛みを感じる事はありません。象牙質はその内側にあります。

 

象牙質は器具でこすったり、冷たいものや熱いものなどに触れると、その刺激は内部の神経に伝達されて、痛みを感じます。

つまり、象牙質は痛みを感じる部分となります。

通常、象牙質はエナメル質に覆われているので、痛みを感じる事はありませんが、極端に冷たいものなどが歯に触れると、

エナメル質の上からでも温度が象牙質に伝わって歯の痛みを感じる事があります。

また、様々な理由で象牙質が露出する事で刺激が神経に伝達されやすくなり、知覚過敏を生じます。

象牙質が露出する原因としては

①歯肉の退縮

②歯の破折

③歯がすり減ることによる象牙質の露出

④歯が溶ける事による象牙質の露出

などが考えられます。

他にもむし歯治療に伴う知覚過敏やホワイトニングに伴う知覚過敏などもみられます。

次回は、知覚過敏に対する予防法をお伝えいたします(^o^)/

 

 

 

 

お問い合わせ窓口⬇︎⬇︎

むし歯ができる原因とは!?

皆さんこんにちは!A.T.NAGASHIMAです(^O^)

 

今日むし歯についてです!

 

そもそも、むし歯とは口の中にいる細菌が、普段私たちが食べたり飲んだりする糖分をエサにして作り出した“酸”によって歯が溶けた状態の事を言います。

では、どのようにしてむし歯ができるのでしょうか、、、?

 

 

通常、口の中には様々な種類の細菌が数多く住んでおり、その中にはむし歯や歯周病の病原菌も含まれています。

特にむし歯の病原菌としてはミュータンス菌と言われるものがあり、皆さんもよく耳にした事があると思います。

 

このミュータンス菌は、私たちが普段食事やお菓子などで摂取する食べ物や飲み物に含まれる“糖分”を栄養にして増殖します。

 

増殖した時に菌の周囲にネバネバの“グルガン”という物質を放出し、そこにたくさんの細菌の集合体が形成されます。

 

これが増えて菌の白い汚れとなったものが“プラーク”です。

 

またミュータンス菌は乳酸も作り出すのでプラークの中は酸性になり、接触している歯の表面は酸によって溶けてしまいます。

この歯が溶ける状態が続くと、穴があいて、いわゆるむし歯ができてしまいます。

 

 

むし歯ができやすいところ

 

むし歯ができやすいところは、

 

①プラークのつきやすいところ ②取りにくいところ 

です。

 

特に若年者では、奥歯のシワや溝などの凹んでいるところ、歯の根元で歯肉に近いところ、そして歯と歯の間です。

 

むし歯になりやすい人

 

ほとんどの人の口の中にはむし歯菌が含まれています。

 

このむし歯菌が多くなるような人、むし歯菌が活発に活動しやすいような生活習慣を行なっている方はむし歯になりやすいです。

 

つまり、歯磨き食生活が大きく影響します!

 

セルフホワイトニングでむし歯予防も!

 

 

セルフホワイトニングを受けていただく中で、ブラッシングを3回行っていただきます。

 

先ほどもお伝えしたように、むし歯予防には歯磨きが大切になります。

 

セルフホワイトニングは歯を白くするだけでなく、むし歯予防にもつながります!

 

年末年始、忘年会や新年会などで食生活が乱れるかと思いますが、今のうちに普段からの歯磨きや、セルフホワイトニングでむし歯予防を行なっていきましょう!

 

 

 

お問い合わせ窓口⬇︎