オーラルケア

歯の役割と噛むことの重要性

こんにちは!長島治療院です!

 

 

普段食事をする時に歯がどのような役割をしているのかあまり考えることはないかと思いますが、

ただ食べ物を細かく噛み砕くというだけではなく、

体にも影響を与えているのでどんな役割をしているのかみてみましょう!

 

 

歯は毎日健康的に食事をする上で欠かせないものです。

実は生えている歯の種類によって食べる時の役割が違うのです。

前歯 8本 野菜などを細かく切る

犬歯 4本 肉などを噛み切る

臼歯 16本 穀物などをすりつぶす

 

 

歯で噛むことの重要性

 

全ての歯の役割を理解したら早速、実際によく噛んで食事をしましょう。

食べる時間が短い食事やよく噛まない食事をづけていると、

結果として歯を失ってしまうサイクルに陥ってしまいます。

よく噛む習慣を身につけることが大切なのです。

 

《よく噛む食べ方の場合》

よく噛む

噛む力を維持できる

十分な栄養素・唾液量

歯が汚れにくくなる

虫歯・歯周病になりづらくなる

歯を維持する

よく噛む

 

《噛まない食べ方の場合》

噛まない

噛めなくなる

偏食や唾液低下

歯が汚れやすくなる

虫歯・歯周病になりやすくなる

歯を失う

噛めなくなる

 

よく噛むと噛まないとで、こんなに大きな差が生まれます。

 

 

 

噛まない食べ方を続けた結果として歯の本数が減ってしまった場合、

食べられるものに制限が生まれてしまいます。

そして、食事の味わい方にも大きな違いが生じてくるのです。

 

例えば麺類の美味しさを表現する時に使う「こし」は

歯があるからこそ感じることができる感覚です。

歯の根と骨を繋いでいる歯根膜という組織の圧力を感じるセンサーと、

咀嚼で顎を動かす筋肉の中にある筋紡錘というセンサーによって

歯に食べ物が当たったという感覚を感じ取り、結果として「こし」がわかるということです。

 

歯がある人が食事をして美味しいと感じているのに対し、

歯の本数が少なくなるにつれ食事を美味しくないと感じる人の割合が増えるという調査もあり、

味を区別する味覚に加え歯ざわりや歯ごたえも美味しく食事をする上で欠かせないものなのです。

 

また、歯がないために総入れ歯にしている人は入れ歯を支える歯肉のセンサーが

歯根膜のセンサーの代わりをすると考えられていますが、

歯がある時に比べると感度が相当悪くなるようです。

健康な自分の歯で美味しく食事を取り続けられるように心がけることが大切です。

歯磨きができない時でも絶対にすべきこと

こんにちは!長島治療院です!

 

毎日歯磨きはできていますか?

歯磨きは、毎日毎食後に行うのが理想です。

食べたものの残りカスを取り除いて、菌の繁殖を抑えることで虫歯を予防することができます。

 

 

ですが、こんなことはありませんか?

夕食を食べてゆっくりしてたらそのままうたた寝をしていて

お酒を飲んだら何もする気がなくなって

 

そのまま歯を磨くのも面倒臭くなり寝てしまう、、、

 

 

 

そんな時は水でもいいのでうがいだけは絶対に行いましょう!!

 

何もかもやる気が起きない時もありますが、諦めずにうがいだけでもするようにしましょう。

うがいをする時には食べ残しがなくなるように、ブクブクと勢いよくするといいですね!

 

 

また、理想は毎食後にとお伝えしましたが、

どうしても朝と昼に歯磨きをする時間が取れない時もあります。

 

そういう時には歯磨きフルコースを実践してみてください!

 

歯磨きはお部屋のお掃除と一緒です。

「上から下へ」「奥から手前へ」「細かいところから広いところへ」が基本です。

1、口をゆすぎ、酸性に傾いた口の中を調整し、大きなカスを除去

2、上から下へ、奥から手前へと歯間ブラシやデンタルフロスを使用して歯間掃除

3、歯ブラシに歯磨き粉をつけて歯磨き

4、舌ブラシを使って優しく舌をケア

5、水で口をゆすいで歯磨き後のカスを口腔外へ

6、マウスウォッシュでゆすぎ終了!

 

盲点なのが、舌の掃除です。舌は絨毯の様な毛状構造になっていて細菌の温床になります。

歯をキレイにしても舌が汚れていたら、細菌が散らばり放題です。

歯ブラシでは舌の味蕾という味を感じる器官を傷つけてしまうので、

舌専用ブラシを使うのがおすすめです!

 

 

 

【別売り始めます!】セルフケアに美歯口ケア

こんにちは!

いつもご利用いただきありがとうございます😊

 

 

当院で販売している美歯口商品(歯磨き粉・マウストリートメント)は

今までセットのみでの販売を行っておりましたが、

ご利用いただいている皆様から別売りを希望される声を多くいただき

個別での販売を開始することになりました!!

 

 

・歯磨き粉 ¥1,800-(税抜)

・マウストリートメント ¥3,000-(税抜)

 

 

この美歯口商品には、「ヒドロキシアパタイト」という成分が配合されています。

ヒドロキシアパタイトとは歯のエナメル質の97%、象牙質の70%を占めている成分です。

 

・虫歯を防ぐ

・歯を白くする

・歯垢を除去する

・口内を浄化する

・口臭を防ぐ

・歯のやにをとる

・歯石の沈着を防ぐ

 

などに効果があります。

セルフホワイトニングと合わせて自宅でもケアしていただくと、白さを実感していただけます。

 

歯磨きはバッチリ??簡単セルフチェック!

 

キレイな歯を保つために、虫歯や歯周病予防のためにも歯磨きを

丁寧に行うことはとても重要なことです。

 

 

ですが、皆さんが毎日行っている歯磨きはしっかりと隅々まで磨けているでしょうか?

全体をしっかり磨いたつもりでも、実は歯と歯茎の隙間や奥歯の方には

磨けていないところがたくさん残っているんです!!

 

 

 

今回は簡単にチェックする方法をご紹介しますので、ぜひ皆さんも

見ながら一緒にチェックしてみてください!

 

簡単セルフチェック3ポイント

 

①指の腹で歯の表面を触って音を確かめる

 

歯磨きができているとキュッキュッと音がします。

音がしなかったらしっかりと磨けていないか、歯ブラシの毛先が痛んでいる可能性があります。

 

 

②爪で歯と歯肉の境目を引っ掻いてみる

 

歯ブラシが当たっていない場所を調べる方法です。

白いものが取れたら、その部分には歯ブラシが当たっておらず。プラークが溜まっています。

 

 

③手の甲を舌で舐めて、匂いを嗅いでみる

 

これで口臭をチェックできます。臭いがした場合、それこそがあなたの口臭です。

臭かったら、すぐに舌ブラシでお掃除をしましょう!

 

 

 

皆さんいかがでしたか?

このチェックをしてみて、磨き残しを見つけた方は当てはまった部分の

歯磨きをもう一度見直してみましょう!

歯磨きに関するQ&A

キレイな歯を保つために、ご自身でまずできることといえば歯磨きですよね。

毎日ちゃんと磨いているから大丈夫!という方、

本当にその方法合っていますか?一度しっかり確認してみましょう!

 

 

Q、1日にどれくらい歯磨きするべき?

 

A、お口の中に食べ物が入るたび。

キュッキュッと音がするくらい。

 

何か食べ物を口に入れた瞬間、細菌の活動性は一気に高まります。

なので、「何か食べ物が口の中に入るたびに、

プラークが溜まりやすいところがキレイになるまで磨く」が正解です。

 

よく「1日3回歯磨きしましょう」と聞きますが、

これは1日に3回しか食べ物を口にしない人の場合です。

間食をする人は、その回数分だけ歯磨きをする回数を増やさないといけません。

 

では、歯をどれくらい磨けばいいのかというと、

ご自身の指の腹で歯の表面を撫で、キュッキュッと音が鳴るかを確認してみましょう。

歯にプラークがついているとネバネバ、ヌルヌルとしていますが、

本来の歯はツルツルしています。この差を確かめるようにしておきましょう。

 

 

 

Q、食後30分は歯磨きしちゃいけないの?

 

A、水などで口をゆすげばすぐに磨いて大丈夫!!

 

これはよく聞かれるものですが、間違えています!

この話は酸性飲食物や胃酸など、酸の力で歯が溶け出す酸蝕症を防ぐ方法として広まったものです。

 

酸蝕症になりやすい人の特徴として

・清涼飲料水の摂取量の増加

・拒食症、過食症などの摂食障害により自己誘発性嘔吐

・健康増進のための酢、クエン酸やワインの摂取量増加

・逆流性食道炎の増加

などが挙げられます。

 

酸蝕症のことを考えても、唾液の力でpHが中性に戻るまで待たず、

アルカリ性のマウスウォッシュや水でゆすいで

酸性度を緩和して歯磨きすれば何の問題もありません

 

 

 

Q3、歯ブラシはどれくらいで変えるべき?

 

A、歯ブラシはケチらず、最低でも月一で交換!

 

歯ブラシの効果が落ちるので、毛先が開いたら交換というのがよく言われますが、

気をつけるのはそれだけではありません。

実は歯ブラシには大量の細菌が繁殖しているという事実も知っておいてください

 

現在歯ブラシを3ヶ月に1度交換する人が多いと言われていますが

1か月を目安に毛先のコシがなくなった時点でバンバン交換しましょう!

 

 

 

Q4、歯磨き粉は必要?

 

A、良い成分の歯磨き粉を選んで使うべき!

 

歯の主成分はハイドロキシアパタイトという結晶で、実は1Lの水に10mgほど溶けてしまう物質です。

それなのに溶けずにいられるのは、唾液のおかげです。

唾液はカルシウムとリンを多く含み、さらには酸性に傾いた口腔内を

アルカリ性に戻すリン酸緩衝液としての作用を持つ優れものです。

 

それなのに、わざわざ水を使って歯磨きをするのは危険な行為です。

歯磨き粉にはカルシウムが含まれているものが多く、

潤滑剤としての作用もあるので、使うことで歯が削れるのを防いでくれます。

 

ただ、成分には気をつけて、体に良いものを選びましょう。

特に発泡剤のラウリル流酸ナトリウムには要注意です

人体に有害なものとして使用を禁止している国もあるほどです。

 

 

 

Q5、歯の表面・歯茎・歯間、どこを磨けばいの?

 

A、プラークが溜まるところはすべて磨かなきゃダメ!

 

まず、歯には虫歯になりやすいところがあります。

・歯の深い溝

・歯と歯の間

・歯と歯肉の境目

・歯と詰め物の境目

・一番後ろの歯の裏側

・歯並びの悪いところ

 

歯周病は歯と歯肉の境目の歯周ポケットに注意しましょう。

磨きにくいところ=プラークが溜まるところなので、

病気になりやすいということを理解し、意識して歯を磨いてください。

美しい歯を作るための3つのポイント

 

人の口腔内には常時何百もの菌が存在しています。

その口腔内細菌が適切に歯磨きしていないと増殖してプラークと呼ばれる菌の塊を形成します。

その中の細菌は、糖分をエサに作り出した酸や毒素を吐き出し虫歯や歯周病といった

口腔内疾患を引き起こしています。

人は歯磨きによってプラークと細菌のエサとなる糖分を除去し、

健やかな口腔内を維持しようとしているのです。

 

 

 

食事による口内の状態

 

口内には食品(糖質)が口内に入ると虫歯の原因となるミュースタンス菌という

細菌が酸を産生し、口内が酸性に傾きます。

 

歯の表面のエナメル質では、エナメル質を構成しているハイドロキシアパタイトの結晶から

カルシウムイオンとリン酸イオンが溶け出して、「脱灰」という現象が起こります。

 

食後、唾液の働きで酸性となっていた口内は中性側に戻り、また脱灰されていたエナメル質には

カルシウムイオンとリン酸イオンが補給され、「再石灰化」が起ります。

ただ間食が多く口内の酸性状態が長く続いたり、また歯面に歯垢が付着したままにしておくと

脱灰がさらに進行し、唾液がついて行かず、実際のむし歯になってしまいます。

 

そうならないために、3つのポイントをお伝えします!!

 

 

糖分摂取の管理

 

糖分を口の中に入れると口内が酸性に傾き虫歯になりやすくなりますが、

重要なのは1日のうちに糖分を摂る『量』ではなく『回数』です。

少量でも糖分を摂る回数が多くなると歯の表面が酸にさらされる

頻度や時間も長くなるので虫歯になるリスクも高くなります。

 

ケーキなどの甘いものを食べるならば、3時のおやつ(間食)としてではなく、

食後のデザートとして食べるのがおすすめです。

 

 

 

専門的なクリーニング

 

口内の細菌が形成するプラークは、菌の塊のようなものです。

時間がたつとより頑固にこびりつき、マウスウォッシュなどの洗口剤や殺菌剤が効かなくなります。

さらに時間が経過するとプラークは歯石へと姿を変え歯磨きなどのホームケアでは

除去できない状態になります。

歯石を除去する場合は、歯科医院での専門的なクリーニングしか落とせる方法はありません。

 

 

 

プラークの除去

 

上の項目では歯石を除去するには…という内容でしたが、

何よりも重要なのはプラークを溜めない事です。

口内には常に何百もの菌が存在しているので、その菌がプラークになる前に

毎回の歯磨きでホームケアをすることが重要です。

 

 

 

 

80歳でご自身の歯を20本残すために。

みなさん、『8020運動』はご存知でしょうか?

 

『8020運動』とは、1989年(平成元年)より厚生省(現・厚生労働省)と日本歯科医師会が推進している「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。

 

20本以上の歯があれば、食生活にほぼ満足することができると言われています。

そのため、「生涯、自分の歯で食べる楽しみを味わえるように」との願いを込めての運動が始まりました。楽しく充実した食生活を送り続けるためには、妊産婦を含めて生まれてから亡くなるまでの全てのライフステージで健康な歯を保つことが大切です。

 

 

8020運動が開始された頃は、20本以上自分の歯を保つ目標を達成している後期高齢者は10人に1人も満たない状況でした。現在は約50%の方が達成されているという報告があり、今後も増加が予想されています。

ですが、高齢者の数は年々増えています。高齢者の方の歯の状態は良くなりつつありますが、まだ困っている方は多くいらっしゃいます。

 

 

1本でも多くの歯を残すには、日頃のケアが大切です。

歯磨きだけという方も多いかもしれませんが、実はどんなに丁寧に磨いても歯磨きだけではお口の中の汚れは落としきることができません。歯磨きだけでは歯と歯の間の汚れは残ってしまいます。歯と歯の間にはデンタルフロスがおすすめです。歯磨きの後の仕上げに使ってみてください。

 

 

また、当院がオススメしてるのはセルフホワイトニングです。

セルフホワイトニングは歯表面の汚れを浮かせて落としてくため、歯を白くするだけではなくオーラルケアとしても活用していただけます。独自のホワイトニング溶液とブラッシングにより虫歯の予防にも効果的です。

 

 

今のご自身のケアを1度見直してみましょう。

 

 

 

虫歯のでき方について

こんにちは!A.T. NAGASHIMAです!

 

今日は【虫歯のでき方について】です。

 

虫歯は、口の中にある細菌が食べたり、飲んだりする“糖分”をエサにして作り出した“酸”によって、歯が溶け出た状態を言います。

 

もともと“むし歯菌”と言うものは人の口の中にいるものですが、

 

①口の中で増やさないようにする事

②酸を作りにくいような状態にする事

で十分に予防することができます。

 

むし歯のでき方

 

通常、口の中にはたくさんの細菌が存在していますが、その中でもむし歯の原因菌として知られているのは“ミュータンス菌”です!

 

このミュータンス菌は、私たちが食事やおやつなどで摂取する食べ物や飲み物に含まれる糖分を栄養にして増殖し、その際に菌の周囲にネバネバの“グルガン”という物質を放出します。

 

これによって菌に強力に付着してそこでたくさんの細菌の集合体が形成されます。

これが増えて歯の表面の白い汚れとなったものが“プラーク”です。

 

ミュータンス菌は乳酸も作り出します。そうするとプラークの中は酸性になり、歯の表面のエナメル質は溶けてしまいます。(この現象を“脱灰”と言います)

この歯が溶ける現象をそのままの状態にしておくと歯に穴があいてしまい、いわゆる“むし歯”になります。

 

むし歯になると歯を削って治療する必要があります。

歯に穴が開いた状態でもあまり痛みを感じる事はありませんが、そのまま放置していると歯の中の方までむし歯が進行していき、歯の神経や血管のある部分にまで細菌が侵入していきます。

ここまで来てしまうと痛みが出たり、細菌によって炎症が起こり、発熱など全身に悪影響を及ぼします。

 

むし歯になりやすいところ

むし歯のできやすいところは

 

 

プラークのつきやすいところ、取りにくいところです。

奥歯のしわや溝などのへこみのあるところ

歯の根元で歯肉に近いところ

歯と歯の間

 

などになります。

また、むし歯治療をした歯の詰めた材料と歯の境界付近でもむし歯ができやすく、これを“二次むし歯”と言います。

 

特に二次むし歯や歯の根っこの部分はむし歯の見えにくいところなので要注意です!

 

むし歯になりやすい人

初めにもお話したようにむし歯菌はほとんどの人の口の中に存在しています。

 

そのむし歯菌の量が繁殖する事でむし歯になりやすくなりますが、それは“生活習慣”によって変わってきます。

と、言う事は“歯磨き”と“食生活”が大きく関わってきます。

 

むし歯のできやすい人は

プラークの除去がうまくできない人、またプラーク中の細菌の栄養である糖分を頻繁に摂取する人です。

 

 

むし歯に悩まされないよう、日々のオーラルケアをしっかりと行っていきましょう!

大切な歯の役割

歯には食べ物を細かく噛み砕いて消化しやすくする大切な役割があります。

 

噛むことで食べ物を細かく砕き、飲み込みやすくします。

また、噛むことで唾液が分泌され、消化も助けることができます。

 

しっかりと噛むことができないと、栄養の吸収ができなくなり疾患のリスクが高まります。

食べ物をよく噛んで食べることが健康にはとても大切です。

 

 

それだけではなく他にも大切な役割を担っています。

 

・発音を助ける

発音する時には、口から空気が流れて行きます。前歯がなかったり、隙間があったりすると、空気が漏れてしまうため発音しづらくなることがあります。

 

・表情を作る

表情は顔面部の表情筋という筋肉によって作られています。噛む動作は表情筋を動かすので、表情筋のトレーニングになります。

 

・体や姿勢のバランスを保つ

虫歯や歯周病で歯を失い噛み合わせが変わると、頭痛や肩こりが現れます。姿勢も変化しやすくなり様々な形で体に変化が現れます。

 

・噛むことで脳に刺激を与える

噛むことで脳の血流量を増加させると言われています。

 

 

 

食べることや消化のためだけではなく、姿勢や脳など全身へ影響してきます。

例えば1本の歯が虫歯で痛くなり、抜いて放置してしまったとします。

そうすると横の歯が移動してしてしまい、噛み合わせが変化するので

残った歯にも無理な力がかかってしまいます。

 

歯は通常上下にそれぞれ14本の計28本が揃っています。

この全体で仕事をしていくので、歯の健康はとても大切なのです。

 

 

セルフホワイトニングでは独自のホワイトニング溶液とブラッシング(歯磨き)を一緒に行うことで、虫歯の予防や歯垢の除去ができ、オーラルケアになります。

80際になっても自分の歯で食事ができるよう、今のうちからケアして行きましょう。

歯磨き粉の選び方

歯磨き粉は使わないといけないものではありません。

歯磨き粉を利用するメリットは、

・歯の表面の汚れを効率よく落とすこと

・有効成分が含まれており虫歯の予防や歯周病の改善などに働くこと

が挙げられます。

 

歯磨き粉にはたくさんの種類があるので、自分にあったものを見つけてみましょう。

 

 

成分の種類

フッ素

フッ素にはむし歯の原因菌の働きを弱め、歯から溶け出したカルシウムやリンの再石灰化を促進し、歯の表面を強化してむし歯になりにくくする働きがあります。

 

発泡剤

発泡剤には泡立ちを良くする役割があります。口の中で良く泡立つことで、汚れを落とす手助けをしてくれます。また、泡立つことで磨いたときの爽快感が得やすく、すみずみまで歯磨き粉が行き渡りやすいという特徴もあります。

 

研磨剤

研磨剤とは、表面を滑らかにする効果があり、歯の表面に付着した歯垢や着色汚れをスムーズに落とすことができます。

 

ホワイトニング効果が期待できるもの

歯磨き粉でホワイトニング効果を期待できるものでも、真っ白になるわけではありません。歯表面の着色汚れを浮かせて落としていくため、クリーニングをするようなイメージです。また、汚れを落とすだけなく汚れをつきにくくする効果もあります。

 

 

 

 

気になる症状別

歯周病・口臭

・グルコン酸クロルヘキシジン

殺菌効果が高く、口内の細菌を殺菌し歯周病や口臭の予防に働きます。

 

・トラネキサム酸

出血抑制作用があり、歯肉炎や歯周病による歯茎からの出血を改善します。

・酢酸トコフェロール

歯周組織の血行を促進することで歯周病に対する抵抗力を高めます。

 

 

虫歯

・フッ素

虫歯の予防に効果的とされる、1000ppm以上のものを選びましょう。

・キシリトール

1日5g以上摂取すると虫歯菌を減らすというデータがある。歯磨き粉だけでなくガムやタブレットなどでも効果があるそう。

また、キシリトールはフッ素と同様に歯の再石灰化を促す役割があるため、歯を丈夫にしてくれます。

 

 

研磨剤・発泡剤の少ないものを選ぶ

 

研磨剤や発泡剤は汚れを落とす手助けをしてくれるものですが、場合によってはデメリットもあります。

 

研磨剤が含まれているもので歯磨きをすると歯の表面を傷つけてしまい、飲食による着色汚れを悪化させてしまうことがあります。

また、発泡剤が多く含まれているものだと、泡立ちやすいため軽く磨いてもしっかり磨いた気持ちになってしまいます。泡立ちの少ない歯磨き粉で隅々まですっかりと磨きましょう。