むし歯

美しい歯を作るための3つのポイント

 

人の口腔内には常時何百もの菌が存在しています。

その口腔内細菌が適切に歯磨きしていないと増殖してプラークと呼ばれる菌の塊を形成します。

その中の細菌は、糖分をエサに作り出した酸や毒素を吐き出し虫歯や歯周病といった

口腔内疾患を引き起こしています。

人は歯磨きによってプラークと細菌のエサとなる糖分を除去し、

健やかな口腔内を維持しようとしているのです。

 

 

 

食事による口内の状態

 

口内には食品(糖質)が口内に入ると虫歯の原因となるミュースタンス菌という

細菌が酸を産生し、口内が酸性に傾きます。

 

歯の表面のエナメル質では、エナメル質を構成しているハイドロキシアパタイトの結晶から

カルシウムイオンとリン酸イオンが溶け出して、「脱灰」という現象が起こります。

 

食後、唾液の働きで酸性となっていた口内は中性側に戻り、また脱灰されていたエナメル質には

カルシウムイオンとリン酸イオンが補給され、「再石灰化」が起ります。

ただ間食が多く口内の酸性状態が長く続いたり、また歯面に歯垢が付着したままにしておくと

脱灰がさらに進行し、唾液がついて行かず、実際のむし歯になってしまいます。

 

そうならないために、3つのポイントをお伝えします!!

 

 

糖分摂取の管理

 

糖分を口の中に入れると口内が酸性に傾き虫歯になりやすくなりますが、

重要なのは1日のうちに糖分を摂る『量』ではなく『回数』です。

少量でも糖分を摂る回数が多くなると歯の表面が酸にさらされる

頻度や時間も長くなるので虫歯になるリスクも高くなります。

 

ケーキなどの甘いものを食べるならば、3時のおやつ(間食)としてではなく、

食後のデザートとして食べるのがおすすめです。

 

 

 

専門的なクリーニング

 

口内の細菌が形成するプラークは、菌の塊のようなものです。

時間がたつとより頑固にこびりつき、マウスウォッシュなどの洗口剤や殺菌剤が効かなくなります。

さらに時間が経過するとプラークは歯石へと姿を変え歯磨きなどのホームケアでは

除去できない状態になります。

歯石を除去する場合は、歯科医院での専門的なクリーニングしか落とせる方法はありません。

 

 

 

プラークの除去

 

上の項目では歯石を除去するには…という内容でしたが、

何よりも重要なのはプラークを溜めない事です。

口内には常に何百もの菌が存在しているので、その菌がプラークになる前に

毎回の歯磨きでホームケアをすることが重要です。

 

 

 

 

虫歯のでき方について

こんにちは!A.T. NAGASHIMAです!

 

今日は【虫歯のでき方について】です。

 

虫歯は、口の中にある細菌が食べたり、飲んだりする“糖分”をエサにして作り出した“酸”によって、歯が溶け出た状態を言います。

 

もともと“むし歯菌”と言うものは人の口の中にいるものですが、

 

①口の中で増やさないようにする事

②酸を作りにくいような状態にする事

で十分に予防することができます。

 

むし歯のでき方

 

通常、口の中にはたくさんの細菌が存在していますが、その中でもむし歯の原因菌として知られているのは“ミュータンス菌”です!

 

このミュータンス菌は、私たちが食事やおやつなどで摂取する食べ物や飲み物に含まれる糖分を栄養にして増殖し、その際に菌の周囲にネバネバの“グルガン”という物質を放出します。

 

これによって菌に強力に付着してそこでたくさんの細菌の集合体が形成されます。

これが増えて歯の表面の白い汚れとなったものが“プラーク”です。

 

ミュータンス菌は乳酸も作り出します。そうするとプラークの中は酸性になり、歯の表面のエナメル質は溶けてしまいます。(この現象を“脱灰”と言います)

この歯が溶ける現象をそのままの状態にしておくと歯に穴があいてしまい、いわゆる“むし歯”になります。

 

むし歯になると歯を削って治療する必要があります。

歯に穴が開いた状態でもあまり痛みを感じる事はありませんが、そのまま放置していると歯の中の方までむし歯が進行していき、歯の神経や血管のある部分にまで細菌が侵入していきます。

ここまで来てしまうと痛みが出たり、細菌によって炎症が起こり、発熱など全身に悪影響を及ぼします。

 

むし歯になりやすいところ

むし歯のできやすいところは

 

 

プラークのつきやすいところ、取りにくいところです。

奥歯のしわや溝などのへこみのあるところ

歯の根元で歯肉に近いところ

歯と歯の間

 

などになります。

また、むし歯治療をした歯の詰めた材料と歯の境界付近でもむし歯ができやすく、これを“二次むし歯”と言います。

 

特に二次むし歯や歯の根っこの部分はむし歯の見えにくいところなので要注意です!

 

むし歯になりやすい人

初めにもお話したようにむし歯菌はほとんどの人の口の中に存在しています。

 

そのむし歯菌の量が繁殖する事でむし歯になりやすくなりますが、それは“生活習慣”によって変わってきます。

と、言う事は“歯磨き”と“食生活”が大きく関わってきます。

 

むし歯のできやすい人は

プラークの除去がうまくできない人、またプラーク中の細菌の栄養である糖分を頻繁に摂取する人です。

 

 

むし歯に悩まされないよう、日々のオーラルケアをしっかりと行っていきましょう!

キーンとしみる知覚過敏の原因は?

皆さんこんにちは! A.TNAGASHIMAです!

今日知覚過敏についてお話したいと思います!

皆さんは、冷たいものを食べた時に歯が“キーン”としみる事はありませんか?

知覚過敏とは、冷たいものを口に入れた時、歯が風にあたった時、歯ブラシの毛先が触れた時などに歯に感じる一過性の痛みで、特にむし歯や歯の神経の炎症などの病変がない場合に見られる症状を言います。

 

原因

歯の1番表面にあるエナメル質は削っても痛みを感じる事はありません。象牙質はその内側にあります。

 

象牙質は器具でこすったり、冷たいものや熱いものなどに触れると、その刺激は内部の神経に伝達されて、痛みを感じます。

つまり、象牙質は痛みを感じる部分となります。

通常、象牙質はエナメル質に覆われているので、痛みを感じる事はありませんが、極端に冷たいものなどが歯に触れると、

エナメル質の上からでも温度が象牙質に伝わって歯の痛みを感じる事があります。

また、様々な理由で象牙質が露出する事で刺激が神経に伝達されやすくなり、知覚過敏を生じます。

象牙質が露出する原因としては

①歯肉の退縮

②歯の破折

③歯がすり減ることによる象牙質の露出

④歯が溶ける事による象牙質の露出

などが考えられます。

他にもむし歯治療に伴う知覚過敏やホワイトニングに伴う知覚過敏などもみられます。

次回は、知覚過敏に対する予防法をお伝えいたします(^o^)/

 

 

 

 

お問い合わせ窓口⬇︎⬇︎

むし歯ができる原因とは!?

皆さんこんにちは!A.T.NAGASHIMAです(^O^)

 

今日むし歯についてです!

 

そもそも、むし歯とは口の中にいる細菌が、普段私たちが食べたり飲んだりする糖分をエサにして作り出した“酸”によって歯が溶けた状態の事を言います。

では、どのようにしてむし歯ができるのでしょうか、、、?

 

 

通常、口の中には様々な種類の細菌が数多く住んでおり、その中にはむし歯や歯周病の病原菌も含まれています。

特にむし歯の病原菌としてはミュータンス菌と言われるものがあり、皆さんもよく耳にした事があると思います。

 

このミュータンス菌は、私たちが普段食事やお菓子などで摂取する食べ物や飲み物に含まれる“糖分”を栄養にして増殖します。

 

増殖した時に菌の周囲にネバネバの“グルガン”という物質を放出し、そこにたくさんの細菌の集合体が形成されます。

 

これが増えて菌の白い汚れとなったものが“プラーク”です。

 

またミュータンス菌は乳酸も作り出すのでプラークの中は酸性になり、接触している歯の表面は酸によって溶けてしまいます。

この歯が溶ける状態が続くと、穴があいて、いわゆるむし歯ができてしまいます。

 

 

むし歯ができやすいところ

 

むし歯ができやすいところは、

 

①プラークのつきやすいところ ②取りにくいところ 

です。

 

特に若年者では、奥歯のシワや溝などの凹んでいるところ、歯の根元で歯肉に近いところ、そして歯と歯の間です。

 

むし歯になりやすい人

 

ほとんどの人の口の中にはむし歯菌が含まれています。

 

このむし歯菌が多くなるような人、むし歯菌が活発に活動しやすいような生活習慣を行なっている方はむし歯になりやすいです。

 

つまり、歯磨き食生活が大きく影響します!

 

セルフホワイトニングでむし歯予防も!

 

 

セルフホワイトニングを受けていただく中で、ブラッシングを3回行っていただきます。

 

先ほどもお伝えしたように、むし歯予防には歯磨きが大切になります。

 

セルフホワイトニングは歯を白くするだけでなく、むし歯予防にもつながります!

 

年末年始、忘年会や新年会などで食生活が乱れるかと思いますが、今のうちに普段からの歯磨きや、セルフホワイトニングでむし歯予防を行なっていきましょう!

 

 

 

お問い合わせ窓口⬇︎