ホワイトニングのこと

唾液の4つの作用とは?

こんんちは!

A.T.長島治療院です(^^)

今日は「唾液の役割」についてです!

 

唾液は口の中を潤すだけでなく、

唾液は99%の水分と1%の抗菌・免疫・消化などに関わる成分でできているので、口臭やむし歯、歯周病予防などの様々なトラブルから守ってくれています。

 

では、具体的に唾液は私たちにどのような働きをしてくれているのか、4つの作用をみてみましょう!

 

①潤滑作用・湿潤作用

喋ったりご飯を食べる際、硬い歯が口内を傷つけないように唾液がお口の中を潤してくれます。

 

②咀嚼・嚥下作用

食事をする時、唾液との混和で食べ物を飲み込みやすくします。

 

③消化作用

唾液の中には糖質を分解し、体内に吸収しやすくする酵素(アミラーゼ)が含まれています。

 

④洗浄作用

唾液は口の中を洗い流す作用があります。

なので唾液の量が少なくなると、口の中が汚れてむし歯になったり、口臭が気になったりします。

 

このように、唾液はただ単にお口の中を潤すだけでなく、私たちの身体を様々な作用で守ってくれています!

 

ドライマウスについて

唾液は、正常な状態では1日に約1〜1.5l程度分泌されています。

刺激が加わらない状態では、700〜800ml分泌されていると言われています。

 

唾液の分泌量を減らす原因は一つではありません。

様々な原因で唾液の分泌量が抑制される事がありますが、食べ物を口にした場合でも10分間に10ml未満の場合、口の中は乾燥状態になり、このことを“ドライマウス”と言います。

 

今日は「唾液の役割」についてご紹介させていただきました!

これからも、オーラルケアなどお口の中についてご紹介させていただくので是非ブログをチェックしてみてください!

 

 

 

大切な歯の役割

歯には食べ物を細かく噛み砕いて消化しやすくする大切な役割があります。

 

噛むことで食べ物を細かく砕き、飲み込みやすくします。

また、噛むことで唾液が分泌され、消化も助けることができます。

 

しっかりと噛むことができないと、栄養の吸収ができなくなり疾患のリスクが高まります。

食べ物をよく噛んで食べることが健康にはとても大切です。

 

 

それだけではなく他にも大切な役割を担っています。

 

・発音を助ける

発音する時には、口から空気が流れて行きます。前歯がなかったり、隙間があったりすると、空気が漏れてしまうため発音しづらくなることがあります。

 

・表情を作る

表情は顔面部の表情筋という筋肉によって作られています。噛む動作は表情筋を動かすので、表情筋のトレーニングになります。

 

・体や姿勢のバランスを保つ

虫歯や歯周病で歯を失い噛み合わせが変わると、頭痛や肩こりが現れます。姿勢も変化しやすくなり様々な形で体に変化が現れます。

 

・噛むことで脳に刺激を与える

噛むことで脳の血流量を増加させると言われています。

 

 

 

食べることや消化のためだけではなく、姿勢や脳など全身へ影響してきます。

例えば1本の歯が虫歯で痛くなり、抜いて放置してしまったとします。

そうすると横の歯が移動してしてしまい、噛み合わせが変化するので

残った歯にも無理な力がかかってしまいます。

 

歯は通常上下にそれぞれ14本の計28本が揃っています。

この全体で仕事をしていくので、歯の健康はとても大切なのです。

 

 

セルフホワイトニングでは独自のホワイトニング溶液とブラッシング(歯磨き)を一緒に行うことで、虫歯の予防や歯垢の除去ができ、オーラルケアになります。

80際になっても自分の歯で食事ができるよう、今のうちからケアして行きましょう。

大阪セルフホワイトニング【印象が良くなる】

当院でセルフホワイトニングを受けていただいているお客様から嬉しい声をいただきましたので、ご紹介させていただきます。

 

 

 

**********************************

 

営業の仕事なので、話すとき、笑うとき、やはり口元は気になります。

思い切り笑えることで、社内も社外も印象は良くなりました。

「セルフホワイトニング」おすすめです。

 

**********************************

 

 

人と話すとき、口元は目がいきやすい部分です。歯が黄ばんでいると清潔感がなく見えることもありますが、白くなると印象も良くなります^ ^

そして女性だけではなく男性にも!

体の治療やメンテナンス、トレーニングのついでにオーラルケアもいかがでしょうか?

 

 

なぜ舌が白くなる??

こんにちは! A.T.NAGASHIMAです☆

 

今日は「舌が白くなる原因」についてです!

皆さんは普段鏡を見た時に「舌が白くなってる!」と思うことはありませんか?

舌が白いのは、病気が原因となるものや特に問題のないものもあります。

舌が白い!、、病気⁉︎と慌てる前に症状や原因、予防や対策を見ていきましょう!

 

【舌苔とは?】

 

舌が白いのは、“舌苔(ぜったい)”とよばれる細菌のかたまりです。

舌の上に残った食べカスや古くなった舌の細菌をエサとして繁殖したものです。

簡単に言うと、“舌についた歯垢”になります。

 

舌の表面はザラザラとしていますが、これは糸状乳頭と呼ばれるものが表面にあるためで、このザラザラの隙間に細菌のエサとなる汚れがたまりやすくなります。

舌苔の色は白っぽいものだけでなく、黄色っぽいものもあり、食生活や口内環境などによっても違ってきます。

 

 

【舌苔の症状】

 

では、次にそれぞれの舌苔の症状を見てみましょう!

 

①舌が全体的にうっすら白い

全体的にうっすら白く赤みが弱いような舌は、普段から貧血気味や冷え性の人は舌の色が白っぽくなる事が多く、

ほとんどの場合、あまりたくさんの舌苔が付いているというわけではありません。

 

②舌に歯型がくっきりと残る

舌のふちに歯型が付いている方は、舌が白くなりやすい傾向があります。

加齢などで舌を本来の位置にキープする力が弱くなり、下に垂れ下がる事で歯の痕がついてしまいます。

舌が弱って動きが減っている為、唾液の分泌も減り、舌が白くなります。

 

③舌苔が厚くこびりついている

舌苔は細菌のかたまりです。

細菌がエサであるタンパク質を分解すると、“ニオイ物質”が発生し、口臭の原因となります。

また「唾液がネバネバしている」と感じる方は要注意です!

 

④舌の色が黒や黄色くなっている

コーヒーやカレーなどの色の濃いものを口にすると舌苔が黄色っぽくなったりしますが、

喫煙者の場合も、舌苔が黄色っぽくなります!

また、胃腸の状態が悪い時や薬の副作用などで舌苔が黒ずんだ状態になる事もあります。

ひどくなると味覚異常を引き起こすケースもあるので気になる方はお医者さんの診察を受けましょう!

 

【原因と予防対策】

 

舌苔ができる原因には先天的なものから生活習慣や病気など様々です、、、。

それぞれの原因別に予防と対策をみてみましょう!

 

①ドライマウス

口呼吸や唾液量の減少などによって口の中が乾燥して舌や喉が乾く症状がみられます。

細菌が増えやすくなる為、舌苔の原因の大半を占めていると言われています。

◎予防・対策法

歯医者さんでもドライマウスの治療を受ける事もできますが、ご自身でできる簡単な対策としては食事中に噛む回数を増やす事で唾液の分泌量を増やす事ができます。

 

②喫煙

タバコを吸うたびに口の中は乾燥し、また血管を収縮させる為歯周病にもなりやすく舌の細菌が繁殖しやすい状態になります。

◎予防・対策法

まずはできるだけ禁煙しましょう!

 

③イビキ

イビキをかいている時は口呼吸になっている為、乾燥を招きます。

◎予防・対策法

横向きで寝る事で気道が確保されやすくなります。

 

他にも、

歯磨き不足

薬の副作用

ストレス

など様々な原因が考えられます!

 

舌をキレイにする為にはまずは口の中を清潔に保つようにしましょう!

・食事をする時はできるだけたくさん噛む

・舌の汚れをためないように定期的に掃除をする

・ネバネバ食材や果物を食べる

などの方法があります!

 

是非一度お試しください(^^)

 

歯磨き粉の選び方

歯磨き粉は使わないといけないものではありません。

歯磨き粉を利用するメリットは、

・歯の表面の汚れを効率よく落とすこと

・有効成分が含まれており虫歯の予防や歯周病の改善などに働くこと

が挙げられます。

 

歯磨き粉にはたくさんの種類があるので、自分にあったものを見つけてみましょう。

 

 

成分の種類

フッ素

フッ素にはむし歯の原因菌の働きを弱め、歯から溶け出したカルシウムやリンの再石灰化を促進し、歯の表面を強化してむし歯になりにくくする働きがあります。

 

発泡剤

発泡剤には泡立ちを良くする役割があります。口の中で良く泡立つことで、汚れを落とす手助けをしてくれます。また、泡立つことで磨いたときの爽快感が得やすく、すみずみまで歯磨き粉が行き渡りやすいという特徴もあります。

 

研磨剤

研磨剤とは、表面を滑らかにする効果があり、歯の表面に付着した歯垢や着色汚れをスムーズに落とすことができます。

 

ホワイトニング効果が期待できるもの

歯磨き粉でホワイトニング効果を期待できるものでも、真っ白になるわけではありません。歯表面の着色汚れを浮かせて落としていくため、クリーニングをするようなイメージです。また、汚れを落とすだけなく汚れをつきにくくする効果もあります。

 

 

 

 

気になる症状別

歯周病・口臭

・グルコン酸クロルヘキシジン

殺菌効果が高く、口内の細菌を殺菌し歯周病や口臭の予防に働きます。

 

・トラネキサム酸

出血抑制作用があり、歯肉炎や歯周病による歯茎からの出血を改善します。

・酢酸トコフェロール

歯周組織の血行を促進することで歯周病に対する抵抗力を高めます。

 

 

虫歯

・フッ素

虫歯の予防に効果的とされる、1000ppm以上のものを選びましょう。

・キシリトール

1日5g以上摂取すると虫歯菌を減らすというデータがある。歯磨き粉だけでなくガムやタブレットなどでも効果があるそう。

また、キシリトールはフッ素と同様に歯の再石灰化を促す役割があるため、歯を丈夫にしてくれます。

 

 

研磨剤・発泡剤の少ないものを選ぶ

 

研磨剤や発泡剤は汚れを落とす手助けをしてくれるものですが、場合によってはデメリットもあります。

 

研磨剤が含まれているもので歯磨きをすると歯の表面を傷つけてしまい、飲食による着色汚れを悪化させてしまうことがあります。

また、発泡剤が多く含まれているものだと、泡立ちやすいため軽く磨いてもしっかり磨いた気持ちになってしまいます。泡立ちの少ない歯磨き粉で隅々まですっかりと磨きましょう。

 

 

歯を食いしばると何が起こる?

本来は歯と歯の間は間が開いているものです。

今この記事を読んでくださっているこの瞬間、歯をグッと食いしばったり歯が当たっている方、

それは「クレンチング症候群」かもしれません。

 

 

クレンチング症候群とは、ストレスなどが原因で歯を強く食いしばってしまうことを言います。

寝ている間の歯ぎしりや起きている間の食いしばりなど当てはまる方は多いと思います。

たかが食いしばりと思っていると色々と影響が出てくることもあるので、チェックしてみましょう!

 

 

歯を食いしばると

・歯がすり減ったり、割れたりする

・歯がグラグラする

 

歯をくいしばると強い力が加わり歯が傷ついてしまいます。

そうすると歯の間に隙間ができたり神経が露出すると、歯周病や知覚過敏といった影響も出てきます。

 

そして口内だけでなく

・顎関節症

・肩こり

といった他の部位にも痛みが出てくる場合があります。

歯をくいしばることで顎の関節にも負担がかかったり、くいしばるときに肩がグッと上がってしまいます。

 

 

対処法

・ガムを噛む

・上下の歯がくっつかないように意識する

・首・肩周りのストレッチを行う

・マウスピースをつける

 

【口呼吸】のお話。

 

こんにちは! A.T.NAGASHIMAです!

 

 

皆さんは普段、口呼吸をしていますか?それとも鼻呼吸ですか?

寝ている時、無意識に口呼吸になっている方も多いのではないでしょうか?

 

ヒト以外の動物にも「口」がついていますが、実は口呼吸ができるのは私たち、“ヒト”だけなんです!

犬がハアハアと舌を出しているのは口呼吸をしているのではなく、体温調節を目的に行っています。

 

 

今日は【口呼吸】についてお話します!

 

口呼吸になる原因

 

・アレルギーによるもの

→花粉症、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎などによって鼻づまりを引き起こし、口呼吸となりやすい。

・飲酒によるもの

→過度な飲酒は鼻粘膜の血管を拡張させるため、鼻づまりになりやすい。

・肥満によるもの

→肥満になることで、首周りにも脂肪がつき、空気の通り道が狭くなることで口呼吸になりやすい。

など他にも様々な原因が考えられますが、特に“飲酒”や“肥満”によるものは生活習慣を見直すことで改善されるのでしょうか。。

 

 

鼻呼吸と口呼吸

 

鼻は、「異物を除去し、温かく水分を帯びた空気を体内に取り入れるため」にあります。

また鼻呼吸では空気の通り道が狭く、ゆっくり吸収されるため、取り入れられる空気は温められ、さらに水分を含むようになるので、加温・加湿されると共に、異物が気管支や肺に直接取り込まれることも避けられます。

しかし口呼吸では、外の空気がそのまま取り込まれるため、口の中や気道が乾燥し、のどの痛みや炎症が起こったりします。

さらにウィルスや異物が直接侵入する為、インフルエンザなどの感染症にかかりやすくなります。

 

 

口呼吸が引き起こす身体の不調

口呼吸は様々な身体の不調を引き起こすと言われています。

 

①口の中で起こる疾患

口臭、むし歯、歯周病、ドライマウス、顎関節症 など。

 

②免疫系の乱れで起こる疾患

アレルギー疾患、膠原病、ベーチェット病 など。

 

③自律神経の乱れで起こる疾患

胃腸の疾患、高血圧、糖尿病、肩こり など。

 

④その他

かぜ、インフルエンザ、睡眠時無呼吸症候群、いびき など。

 

改善法

 

口呼吸の改善法には

 

・「あいうえお体操」で口の周りの筋肉を鍛えて口を閉じやすくする。

・横向きで寝る

→横向きで寝る事で舌が後ろに落ち込まず、気道が広がって口呼吸になるのを防ぎます。

 

などがあります。

 

口呼吸でお悩みの方は是非一度お試しください!

 

お問い合わせ窓口⬇︎⬇︎

歯磨き後の仕上げうがいは何回がベスト⁉

 

 

皆さんこんにちは! 平井です(^^)v

 

今日から歯に関する雑学をちょこちょこと更新していくので、皆さん楽しみにしていてくださいね^o^♩

 

第1弾は、【歯磨き後のうがいは何回がベストなのか?】についてです!

 

先に答えを言ってしまいますが、実は歯磨き後は1回がベストと言われています!

 

それはなぜでしょうか、、、。

 

虫歯は、いわゆる虫歯菌が糖を食べて酸をつくり、これが歯の成分であるハイドロキシアパタイトを溶かす事により起こります。

 

これを“脱灰”と言います。

 

初期の虫歯では脱灰したハイドロキシアパタイトが歯に戻る“再石灰化”と呼ばれる現象が起こります。

 

脱灰と再石灰化のバランスが保たれていれば虫歯になる事はありません。

 

フッ素(フッ化物を含むアパタイト)は再石灰化を起こしやすく、いったん歯に戻ると脱灰しにくいため、

 

歯の表面が強いハイドロキシアパタイトに置き換わり、虫歯に強くなります。

 

つまり、再石灰時にフッ化物がお口の中にある事が重要になります。

 

→虫歯予防にはフッ素入りの歯磨き粉が良いと言われているのはこの為です。

 

ではここで、“なぜ歯磨き後のうがいは1回で良いのか”についてです!

 

歯磨き後に何度もうがいをすると歯磨き粉に含まれるフッ化物が流れて薄くなってしまいます。

 

歯磨き後に汚れを全て吐き出した後の“仕上げうがい”はごく少量の1回だけにして、しばらく飲食をしない事により、

 

再石灰化の効果が高まります!

 

1回だけのうがいだと、身体への害を心配されるかと思いますが、

 

現在国内で販売されている歯磨き粉の多くは身体に安全な濃度になっているので安心していただいても大丈夫です!

 

皆さんも是非虫歯予防の為に、うがい後の仕上げ磨きを1回にしてみてください(^^)/

 

 

 

 

お問い合わせ窓口⬇︎

ゴールデンウィークの休診日のお知らせ

こんにちは!

セルフホワイトニングができる整骨院 長島治療院です!

 

 

新しい元号も発表され、平成も残り1ヶ月を切りました。

今年のゴールデンウィークは10連休という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

交通事故なども増えやすくなりますので、お出かけの際はお気をつけください。

 

 

当院の休診日のお知らせです

 

休診日:4/28(日)~5/5(日)

※5/6(月)は祝日ですが、営業しております。

4/27(土)、5/6(月)、5/7(火)以降は通常通り営業いたします。

 

 

 

 

休診日前後は混雑が予想されます。直前のご予約はご希望に添えない場合がございますので予めご了承ください。

ご予定がお分かりの方は先々のご予約をお取りすることも可能ですので、受付スタッフまでお声かけください。

 

 

長期休診により大変ご迷惑をお掛け致しますがご理解のほどよろしくお願い致します。

 

 

 

 

お問い合わせ窓口⬇︎⬇︎

セルフホワイトニングで白くならない例とは?

こんにちは!長島治療院です。

 

セルフホワイトニングは歯に付着した黄ばみ汚れを浮かせて落とすクリーニングのようなものです。

なので、歯の状態によっては白くならない場合もあります。

 

 

 

セルフホワイトニングで白くならない例

 

①人工の歯(入れ歯、さし歯、詰め物、被せ物)の経年変化による変色

②虫歯の治療などで神経を抜いた歯

③遺伝

④テトラサイクリン系抗生物質を幼少期に過剰摂取した

②~④は歯の内部からの変色が起こります。

 

上に挙げたような場合は、歯の内部から変色が起こっており、セルフホワイトニングのように

歯の表面の汚れを落とすだけでは白くはなりません。

 

今日は、この中の④テトラサイクリン系抗生物質の過剰摂取による変色についてお伝えします。

 

 

 

テトラサイクリン系抗生物質とは?

 

細菌はタンパク質合成をすることで増殖していきます。そのタンパク質合成は細胞の中にあるリボソームという場所で行われています。

 

テトラサイクリン系抗生物質はこのリボソームでのタンパク質合成を阻害し細菌の増殖を抑えてくれます。

 

 

 

どのような時に服用するのか?

 

ブルセラ菌、ライム病では優先的に使用されます。

 

ヘリコバクター・ピロリ菌で他の抗菌薬に耐性がある場合や、熱帯熱マラリア予防に使用する場合もあります。

 

 

 

どうして歯が変色するのか?

 

テトラサイクリン系抗生物質を歯の石灰化期(8歳ごろまで)に投与すると歯の内部の象牙質が変色する原因になります。

 

テトラサイクリン系抗生物質が金属イオンを挟み込み、キレートというものを作ります。この成分が石灰化が進行中の歯に沈着して着色を起こすと考えられています。

 

 

 

 

このような歯の内部からの変色はセルフホワイトングでは白くなりません。

ホワイトニングを希望される方は歯科医院などでのご相談をお勧めします。

 

 

こういった方でも、オーラルケアとしてセルフホワイトニングをご利用していただくことはもちろん可能です\(^o^)/

 

 

 

 

 

お問い合わせ窓口⬇︎⬇︎