放っておくと怖い‼ ドライマウスについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

皆さんこんにちは!

 

A.T.NAGASHIMAです!

 

今日は「ドライマウス」についてです。

 

こんな症状でお悩みの方はいませんか?

 

・口が乾く

・口の中が粘つく

・口臭が気になる

・舌や口の粘膜が痛い

 

ドライマウスは様々な原因によって唾液の分泌が低下し、口の中が乾燥する病気です。

 

糖尿病や腎不全などの病気を介して起こることもあれば、ストレスや筋力の低下、さらには薬剤の副作用で起こることもあります。

 

 

特に現代は会社などでのストレスを抱えている方が多く、ドライマウスになりやすく、

また、そのまま放置している方も多くいらっしゃいます。

 

ドライマウスを放置していると、虫歯や歯周病だけでなく、誤嚥下性肺炎などの全身疾患などになる可能性があります。

 

ドライマウスには口内の粘つき、舌の痛み、口臭などの症状のほか、

 

乾いた食品を食べられない、食べ物をうまく飲み込むことができないといった症状があります。

 

目やお口など、外気にさらされている臓器は、ウイルスや細菌の侵入を防ぐために

外分泌線が流れていて、感染症などから身体を守っています。

 

お口の中が乾くと唾液の持っている自浄作用が失われ、感染症などにかかりやすくなります。

 

特に高齢者の方はそのまま放置しておくと、食べ物を飲み込む能力が低下する摂食嚥下障害から重篤な病気になりかねません!

 

ドライマスの対策としては市販の保湿剤などを使用したり、お口のマッサージなどで唾液の分泌を促してあげる事が大切です。

 

どちらも、あくまで「対処療法」なので、根本的にドライマウスを治療するなら歯医者さんなど

専門機関で見てもらうことをおススメします!

 

いつまでも健康的な口内を保つために日頃からのスキンケアをしっかりと行っていきましょう★

 

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*