美しい歯を作るための3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

人の口腔内には常時何百もの菌が存在しています。

その口腔内細菌が適切に歯磨きしていないと増殖してプラークと呼ばれる菌の塊を形成します。

その中の細菌は、糖分をエサに作り出した酸や毒素を吐き出し虫歯や歯周病といった

口腔内疾患を引き起こしています。

人は歯磨きによってプラークと細菌のエサとなる糖分を除去し、

健やかな口腔内を維持しようとしているのです。

 

 

 

食事による口内の状態

 

口内には食品(糖質)が口内に入ると虫歯の原因となるミュースタンス菌という

細菌が酸を産生し、口内が酸性に傾きます。

 

歯の表面のエナメル質では、エナメル質を構成しているハイドロキシアパタイトの結晶から

カルシウムイオンとリン酸イオンが溶け出して、「脱灰」という現象が起こります。

 

食後、唾液の働きで酸性となっていた口内は中性側に戻り、また脱灰されていたエナメル質には

カルシウムイオンとリン酸イオンが補給され、「再石灰化」が起ります。

ただ間食が多く口内の酸性状態が長く続いたり、また歯面に歯垢が付着したままにしておくと

脱灰がさらに進行し、唾液がついて行かず、実際のむし歯になってしまいます。

 

そうならないために、3つのポイントをお伝えします!!

 

 

糖分摂取の管理

 

糖分を口の中に入れると口内が酸性に傾き虫歯になりやすくなりますが、

重要なのは1日のうちに糖分を摂る『量』ではなく『回数』です。

少量でも糖分を摂る回数が多くなると歯の表面が酸にさらされる

頻度や時間も長くなるので虫歯になるリスクも高くなります。

 

ケーキなどの甘いものを食べるならば、3時のおやつ(間食)としてではなく、

食後のデザートとして食べるのがおすすめです。

 

 

 

専門的なクリーニング

 

口内の細菌が形成するプラークは、菌の塊のようなものです。

時間がたつとより頑固にこびりつき、マウスウォッシュなどの洗口剤や殺菌剤が効かなくなります。

さらに時間が経過するとプラークは歯石へと姿を変え歯磨きなどのホームケアでは

除去できない状態になります。

歯石を除去する場合は、歯科医院での専門的なクリーニングしか落とせる方法はありません。

 

 

 

プラークの除去

 

上の項目では歯石を除去するには…という内容でしたが、

何よりも重要なのはプラークを溜めない事です。

口内には常に何百もの菌が存在しているので、その菌がプラークになる前に

毎回の歯磨きでホームケアをすることが重要です。

 

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*