80歳でご自身の歯を20本残すために。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、『8020運動』はご存知でしょうか?

 

『8020運動』とは、1989年(平成元年)より厚生省(現・厚生労働省)と日本歯科医師会が推進している「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。

 

20本以上の歯があれば、食生活にほぼ満足することができると言われています。

そのため、「生涯、自分の歯で食べる楽しみを味わえるように」との願いを込めての運動が始まりました。楽しく充実した食生活を送り続けるためには、妊産婦を含めて生まれてから亡くなるまでの全てのライフステージで健康な歯を保つことが大切です。

 

 

8020運動が開始された頃は、20本以上自分の歯を保つ目標を達成している後期高齢者は10人に1人も満たない状況でした。現在は約50%の方が達成されているという報告があり、今後も増加が予想されています。

ですが、高齢者の数は年々増えています。高齢者の方の歯の状態は良くなりつつありますが、まだ困っている方は多くいらっしゃいます。

 

 

1本でも多くの歯を残すには、日頃のケアが大切です。

歯磨きだけという方も多いかもしれませんが、実はどんなに丁寧に磨いても歯磨きだけではお口の中の汚れは落としきることができません。歯磨きだけでは歯と歯の間の汚れは残ってしまいます。歯と歯の間にはデンタルフロスがおすすめです。歯磨きの後の仕上げに使ってみてください。

 

 

また、当院がオススメしてるのはセルフホワイトニングです。

セルフホワイトニングは歯表面の汚れを浮かせて落としてくため、歯を白くするだけではなくオーラルケアとしても活用していただけます。独自のホワイトニング溶液とブラッシングにより虫歯の予防にも効果的です。

 

 

今のご自身のケアを1度見直してみましょう。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*