歯磨き後の仕上げうがいは何回がベスト⁉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

皆さんこんにちは! 平井です(^^)v

 

今日から歯に関する雑学をちょこちょこと更新していくので、皆さん楽しみにしていてくださいね^o^♩

 

第1弾は、【歯磨き後のうがいは何回がベストなのか?】についてです!

 

先に答えを言ってしまいますが、実は歯磨き後は1回がベストと言われています!

 

それはなぜでしょうか、、、。

 

虫歯は、いわゆる虫歯菌が糖を食べて酸をつくり、これが歯の成分であるハイドロキシアパタイトを溶かす事により起こります。

 

これを“脱灰”と言います。

 

初期の虫歯では脱灰したハイドロキシアパタイトが歯に戻る“再石灰化”と呼ばれる現象が起こります。

 

脱灰と再石灰化のバランスが保たれていれば虫歯になる事はありません。

 

フッ素(フッ化物を含むアパタイト)は再石灰化を起こしやすく、いったん歯に戻ると脱灰しにくいため、

 

歯の表面が強いハイドロキシアパタイトに置き換わり、虫歯に強くなります。

 

つまり、再石灰時にフッ化物がお口の中にある事が重要になります。

 

→虫歯予防にはフッ素入りの歯磨き粉が良いと言われているのはこの為です。

 

ではここで、“なぜ歯磨き後のうがいは1回で良いのか”についてです!

 

歯磨き後に何度もうがいをすると歯磨き粉に含まれるフッ化物が流れて薄くなってしまいます。

 

歯磨き後に汚れを全て吐き出した後の“仕上げうがい”はごく少量の1回だけにして、しばらく飲食をしない事により、

 

再石灰化の効果が高まります!

 

1回だけのうがいだと、身体への害を心配されるかと思いますが、

 

現在国内で販売されている歯磨き粉の多くは身体に安全な濃度になっているので安心していただいても大丈夫です!

 

皆さんも是非虫歯予防の為に、うがい後の仕上げ磨きを1回にしてみてください(^^)/

 

 

 

 

お問い合わせ窓口⬇︎

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*