歯にできる「シミ」の正体は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

皆さんこんにちは! 平井です(^O^)

一般的に“シミ”と聞くと、お肌にできるシミをイメージされる方が多いかと思いますが、実は歯にもシミが出来る事があり、そのシミを【ホワイトスポット】と呼びます。

 

今日はそのホワイトスポットについてご説明いたします(^o^)

 

 

【ホワイトスポットとは】

本来歯はエナメル質でおおわれている為均一な乳白色になっていますが、その一部のキメが乱れてしまうことによって白くくすんだような状態になってしまいます。

ホワイトスポットが前歯にあるとそれがコンプレックスになり、人と話す時や笑顔に自信が持てなくなります、、、。

 

【原因】

ホワイトスポットができる原因には大きく分けて2つあります。

それは、

①むし歯の初期症状

②先天的なもの

です。

 

 

①むし歯の初期症状

口の中が酸性に傾いた状態が続き歯の中のカルシウム成分が不足すると、

白く濁ってシミのように見える事があります。

この段階では痛みや変色はありませんが、この状態が続いてしまうとむし歯に進行していきます。

 

②先天的なもの

先天的にシミのある方も中にはいます。これは発育中に生じた異常で、エナメル質形成不全の一つです。

先天的な方の場合は歯の内部で発生しています。

 

その他にも

栄養不足・幼少期に受けた外傷・ フッ素濃度の高い飲食物の過剰摂取なども原因として考えられます。

 

【予防法】

このホワイトスポットの予防法としては

①間食を控える

②ブラッシングをしっかりと行う

この2つが大切になります。

 

①間食を控える

間食を多く行うことでお口の中に食べ物が残っている時間が長くなり、歯のエナメル質からカルシウム成分が溶け出してホワイトスポットが出来る事があります。

今、間食をよくしている方は少しづつ減らしてみましょう!

 

②ブラッシングをしっかりと行う

歯の表面に歯垢が残っていると、そこからホワイトスポットが広がる可能性があります。

歯磨きをする際は歯の表面をしっかりと磨きましょう!

 

もちろん、歯磨きをする事でむし歯予防にもつながります!

日々のオーラルケアをしっかりと行っていきましょう★

 

 

 

 

お問い合わせ窓口⬇︎⬇︎

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*