歯石とは?歯磨きで落とせなくなる前にしておくべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!セルフホワイトニングができる長島治療院です。

 

当院にセルフホワイトニングに来られる方の中でもホワイトニングの経験はないが、歯石除去は歯医者さんで定期的に行っているという方もいらっしゃいます。

 

 

歯石とは?

歯石とは、歯茎の上や、歯と歯茎の間に付着した石のようなもので、歯垢が石灰化し硬くなってできます。歯石になると、歯磨きだけでは落とすことができず、歯医者さんで歯石除去をしてもらうしか取り除く方法はありません。

 

歯石だけでは特に害はありませんが、歯石の表面はデコボコ、ザラザラしているので、その表面に歯垢(プラーク)がたまりやすくなります。歯垢は細菌の塊なので、虫歯や歯周病、口臭などの原因になってしまいます。

 

 

 

種類

・歯肉縁上歯石:歯茎の上についた見える歯石

・歯肉縁下歯石:歯と歯茎の間についた見えない歯石

 

歯石は歯茎の上の見えているところだけでなく、歯と歯茎の間といった目に見えないところにも付着し、細菌の温床になってしまいます。

 

 

歯石ができるまで

糖(砂糖やご飯など)を摂取すると、食事に含まれる糖分を栄養にして細菌が増殖していきます。ネバネバとした物質を作りだし、歯の表面に強力にくっつきます。この状態が歯垢(プラーク)です。

 

この段階ではまだしっかりと歯磨きを行えば自分でも取り除くことができます。

 

この歯垢が唾液中のカルシウムやリン酸と結合し、固くなったものが歯石です。歯に付着した歯垢は2日で歯石に変わります。歯石になると、もう歯磨きだけでは落とすことができません。

 

1mgの歯垢の中には1~2億個の細菌が潜んでいると言われています。こうした歯垢が様々な影響を及ぼしていきます。

 

歯垢の付着を防ぐには飲食後のケアが大切で、そのまま口に残さないようにしましょう。

 

 

予防

・飲食後30分以内に歯磨きをして、口内に歯垢を残しておかないようにしましょう。

・しっかりと歯磨きができるように歯ブラシは月に1回を目安に変えましょう。

歯間ブラシで歯の間のお手入れをして、歯ブラシで届きにくい部分の歯垢を取り除きましょう。

 

 

また、セルフホワイトニングは独自のホワイトニング溶液とブラッシングにより、虫歯の予防などのオーラルケアとしても活用していただけます。

 

 

 

お問い合わせ窓口⬇︎⬇︎

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*