歯の変色について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんこんにちは!A.T.NAGASHIMAです!

 

今日は【歯の変色について】です。

人と話す時に目が行くお顔のパーツの1番は“目”でその次に“口元”に目がいきます。

 

歯の色が黄ばんでいたり、コーヒーやタバコなどで茶色になっていると、お顔の雰囲気も変わってきますよね、、、。

 

 

歯の変色の原因は大きく(内因性)(外因性)の2つに分けられます。

 

 

 

(内因性)

①加齢

歯の表面にはエナメル質という薄い膜があり、エナメル質の内側には象牙質という黄色い層があります。

 

この象牙質は新陳代謝が低下する事で年々色が濃くなっていきます。

 

また、エナメル質も毎日のブラッシングや食事などで薄くなる為、中の象牙質の色が目立ってきます。

 

この2つの要因により、歯のいろが黄色く変色してきます。

 

②遺伝

歯の色は色素細胞(メラニン)の種類や分布量で人によって異なります。

 

私たち日本人は欧米人と比べて色素細胞が多いので、髪の毛や目の色が黒いのと同じように、歯の色も真っ白ではなく、濃いめの色になっています。

 

 

 

(外因性)

①むし歯

毎日歯磨きをしていても、セルフケアだけではどうしても磨き残し などがあります。

 

もちろん磨き残しがあるとむし歯の原因となることもあります。

 

むし歯になってしまうとエナメル質が白濁し、進行に伴って茶色〜黒褐色へと着色していってしまいます。

 

 

②色素沈着

カレーやコーヒー、赤ワインなどの着色性の食品・飲料は、これらを摂取しただけでも歯に色素が付着します。

 

また、柑橘類、炭酸やアルコール飲料などの着色補助食品・飲料を着色性食品・飲料と一緒に摂取すると、色素沈着を助長してしまいます。

 

 

(その他の変色)

◎テトラサイクリン系抗生物質による変色

テトラサイクリンは抗生物質の一種で様々な細菌の増殖を抑える薬として、マイコプラズマ肺炎や100日咳の特効薬として用いられていましたが、現在では歯の変色を生じる事が認められた為、ほとんど使われていません。

 

 

◎歯の神経を抜いた事による変色

むし歯の治療などで神経を抜いた場合に歯が茶色く変色する事があります。

これは神経が死んでしまい、象牙質に栄養が届かなくなってしまったために起こる現象です。

 

セルフホワイトニング では、このようなテトラサイクリン系抗生物質や歯の神経を抜いた事による変色に対してはある程度の汚れ(普段の食生活などによる汚れ)は落とす事ができますが、それ以上の白さにはありません。

 

当院で行うセルフホワイトニング は、コーヒーや紅茶、タバコなどによる歯の着色をクリーニングで落とし、歯本来の白さにしていきます。

 

またセルフホワイトニング を行う中で、ブラッシング(歯ブラシ)をするのでむし歯の予防にもなります。

 

セルフホワイトニング に関して何か分からない事があれば当院のスタッフまでお尋ねください(^^)♪

 

 

 

お問い合わせ窓口⬇︎⬇︎

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*