意外と知らないドライマウスの落とし穴!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドライマウスとは

口腔乾燥症というもので、唾液量の現象と質の異常をきたします。

何らかの原因で唾液の分泌量が低下し、口の中が乾燥するものです。

口の渇きにより不快感を感じることもあります。

「たかが口の渇き」と思いがちですが、病気の症状の一つとして現れることもあります。

 

 

 

唾液の働き

・消化促進

唾液には消化酵素が含まれており、胃や腸での消化・吸収を助けます。

・浄化

口の中に残った食べかすを洗い流し、口の中を綺麗に保ちます。

・抗菌

唾液に含まれるリゾチームやラクトフェリンが細菌の増殖を抑制します。

・再石灰化

食事などにより口の中が酸性になると歯は溶け出してしまいますが、唾液に含まれるカルシウムやリンがこれを修復します。

 

 

 

 

原因

・加齢

・糖尿病、腎不全など

・膠原病(シェーグレン症候群)

・ストレス

・飲酒、喫煙

・筋力低下

・薬の副作用

 

 

 

症状

・口の中が乾燥する、粘つく

・唇のひび割れ

・口臭

・乾いた食品を食べられない

・食べ物をうまく飲み込めない

・話しにくい

 

 

 

 

 

ドライマウスを放置しておくと…

口内の自浄作用が働きにくくなることで、虫歯や歯周病が増えます。

誤嚥性肺炎などの全身疾患を引き起こすこともあります。

 

たかが口内の乾燥と思われがちですが、唾液は重要な役割を果たしていて

虫歯になりやすくなるだけでなく全身への影響もあります。

 

 

 

対処法

・カフェイン、タバコ、アルコールを控える

口の渇きを促進させるものは控えましょう。

 

・加湿器

空気中の乾燥がドライマウスを悪化させることもあります。

 

・鼻呼吸

口呼吸は口の乾燥を促進させるので、鼻呼吸を心がけましょう。

 

・医師、薬剤師に相談する

服用している薬の中にドライマウスを引き起こしている可能性があります。

 

・食べ物をよく噛む

噛むことで唾液の分泌を促します。食事の際にすぐに飲み込まずよく噛んで食べましょう。

 

・唾液腺マッサージ

唾液腺をマッサージで刺激することで唾液が出てくるのを感じられます。あまり強く押しすぎずに5~10回程度を目安に行います。

 

 

 

 

お問い合わせ窓口⬇︎

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*