キシリトールはなぜむし歯に効果があるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

皆さんこんにちは! A.T.NAGASHIMAです!

 

 

普段の生活の中で、【キシリトールガム】や【キシリトールタブレット】などを口にしたことはあるかと思います。

 

今日はその【キシリトール】について詳しく解説いたします!

 

1.キシリトールとは

 

キシリトールとは“糖アルコール”という甘味炭水化物の仲間です。

 

自然界では多くの果実や野菜に含まれており、人の肝臓でも1日当たり約15gのキシリトールが作られています。

 

ガムやタブレットに含まれているキシリトールは白樺や樫などの木から抽出されるシランヘミセルロースを原料にして工業的に作られています。

 

また、日本では“食品添加物”として認可されており、人体にも安全であることが知られております。

 

そして、アメリカでは、その安全性から「1日にどれだけ摂取しても良い食品」として扱われています。

 

2.キシリトールは虫歯の原因にはならない甘味料⁉

 

キシリトールを始めとする“糖アルコール”は口の中で歯を溶かすほどの酸は作られない為、むし歯の原因にはなりません。

 

また、キシリトールは甘みが強いのでその甘味により、唾液も出やすくなります。

 

酸を作らない事と唾液の分泌を刺激して酸を中和する事がキシリトールがむし歯の原因にならない理由です。

 

 

3.なぜキシリトールはむし歯を防ぐのか?

 

キシリトールがむし歯を防ぐ理由は大きく2つに分ける事ができます。

 

1つはキシリトールだけでなく、他の糖アルコールも持つ唾液分泌の促進と再石灰化作用であり、

 

もう1つはキシリトールだけが持つ酸を作らない事と、歯垢中の酸の中和促進、ミュータンス菌の代謝の阻害です。

 

唾液分泌の促進と再石灰化作用では、糖アルコールには甘みがあるため、口腔内に入れると味覚を刺激し、唾液分泌を促進します。

 

また、キシリトールには歯垢中に存在する、ショ糖を分解する酵素(シュクラーゼ)の活性を低下させ、

 

歯垢中で酸ができにくくする作用に加え、アンモニア濃度を上げて酸の中和を促進す働きがあります。

 

4.キシリトールの効果が期待出来る食べ物は?

 

キシリトールの効果が期待できるお菓子はガムかタブレットに限られます!

 

その他のお菓子や食品(ケーキやジュース類)にキシリトールが含まれていても、

ガムやタブレットと違い、キシリトールが口の中にとどまる時間が短い為、むし歯予防の効果は期待できません。

 

むし歯予防の効果を十分に発揮させるには高濃度キシリトール配合のガムかタブレットを1日3回、3ヶ月以上続ける必要があると言われています!

このように、普段何となく口にしている“キシリトール”には様々な特徴があり、また、むし歯を防ぐ仕組みも研究結果として出ています!

当院でのセルフホワイトニングに加え、上手くキシリトールを利用する事でさらに清潔感のある歯を手に入れていきましょう!

 

 

 

 

お問い合わせ窓口⬇︎

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*