歯周病予防にもセルフホワイトニング!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは! 長島治療院北浜です(^-^)

 

今日は、皆さんも1度は耳にしたことのある歯周病についてです!

 

 

【歯周病ってどんな病気?】

 

そもそも、歯周病とは細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。

 

歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が行き届かないでいると、そこに多くの細菌が停滞し、歯肉の辺縁が炎症を起こして赤くなったり、腫れたりします。

 

しかし、痛みはほとんどの場合ありません。

 

そして進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて歯が動くようになり、最後は抜歯をしなければいけなくなってしまいます。

 

 

【歯周病の原因】

 

 

お口の中にはおよそ300~500種類の細菌が住んでいます。

 

これらは普段はあまり悪い事をしませんが、ブラッシングが充分でなかったり、砂糖を過剰に摂取すると細菌がネバネバした物質を作り出し、歯の表面にくっつきます。

 

これを歯垢(プラーク)と言い、粘着性が強くうがいをした程度では落ちません。

 

この歯垢(プラーク)1mgの中には10億個の細菌が住みついていると言われ、むし歯歯周病を引き起こす細菌が特異的に存在していると言われています。

 

歯垢はそのままにしておくと硬くなり、歯石とよばれる物質に変化し、歯の表面に強固に付着します。これはブラッシングだけでは取り除く事ができません。この歯石の中や周りにさらに細菌が入り込み、歯周病を進行させる毒素を出し続けます。

 

 

【歯周病予防にもセルフホワイトニング!】

 

 

実は、当院でも行なっているセルフホワイトニングは歯周病予防にも効果的です!

 

セルフホワイトニングを行なっていく過程で歯ブラシでブラッシングも行うので、歯周病の原因でもある、歯垢が溜まるのを防ぎます。

 

このように、セルフホワイトニングでは歯を白くするだけでなく、むし歯や歯周病の予防にも効果があります!

 

是非一度、当院のセルフホワイトニングを体験してみてください(^ ^)

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*