とっても簡単♪セルフホワイトニングの手順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!長島治療院です(^^)/

 

セルフホワイトニングは文字通り「セルフ」なので、ご自身で全ての工程を行っていただきます。

ただ、心配はありません。その工程はとっても簡単なんです(*^^)v

今回はその方法をご紹介していきます。

 

 

① セルフホワイトニングについての説明

 

セルフホワイトニングとオフィスホワイトニング(歯医者さんでのホワイトニング)の違いや

セルフホワイトニングについての説明などをさせて頂きます。

 

この説明は初回のみ行いますので、2回目以降は②からのスタートになります。

 

 

② 同意書への署名

 

セルフホワイトニングについての内容や注意事項をご確認いただき、問題なければ署名をいただきます。

 

 

③ 歯のトーンチェック

 

ホワイトニングを行う前に歯の色をこのシェードガイドを使用して見ていきます。

左の方が白く、右に行けば行くほど黄ばんでいきます。

左から5つ目までの色は、「若々しい」「綺麗」という風に見られやすい範囲になります。

 

 

 

④ 歯磨き

 

初めの歯磨きは歯磨き粉をつけて3分程行います。

歯磨きをするときはゴシゴシと力をかけ過ぎないように注意しましょう。

 

 

⑤ リップクリームの塗布

 

LEDライトの照射中は口を大きく開けっぱなしになるので、リップクリームを塗っておきます。

当院でもご用意しておりますが、お気に入りのものがあればお持ちいただいても構いません。

 

 

⑥ 紙エプロンの装着

 

セルフホワイトニング中はマウスオープナーを使用して口を大きく開けているため

唾液がたまりやすくなります。

起き上がるときに唾液が垂れて服が汚れたりしないように、紙エプロンを装着します。

 

 

 

⑦ マウスオープナーの装着

 

下のようなマウスオープナーを装着していきます。

小さめのサイズもご用意しておりますので、女性の方や口大きく開きにくい方もご安心ください。

 

 

 

⑧ 歯の表面の水分をふき取る

 

歯の表面の水分をふき取ります。

☆セルフホワイトニングの効果を最大限に引き出すポイントです!

歯の表面の水分を残してしまうとホワイトニングの効果が出ずらくなってしまうのでしっかりとふき取りましょう。

 

 

 

⑨ ホワイトニング溶液を吹きかける

 

中央、両サイドと3~5プッシュでまんべんなくふりかけます。

溶液をかける量が多くダマになってしまうと白くなりずらいので、まんべんなく吹きかけるのがポイントです。

 

 

 

⑩ アイガードの装着

 

LEDライトはとてもまぶしいので、アイガードを装着していきます。

耳にかける部分の長さを調節できますので、LEDライトの照射をする前にずり落ちてこないように調節していきます。

 

 

 

⑪ LEDライトの照射

 

8分間ライトを照射します。

☆セルフホワイトニングの効果を最大限に引き出すポイントです!

歯に対して直角にライトを当てていきましょう。そうすると歯にしっかりとライトが当たりやすくなります。

 

 

 

⑫ 歯磨き

 

ここでの歯磨きは、歯磨き粉を使用せず、2分程歯磨きしていきます。

LEDライトの照射中にたまった唾液は吐き出してしまって構いません。

 

 

⑬ ⑤~⑫までを繰り返す

 

セルフホワイトニングは8分の照射を2セット行っていきます。

⑤~⑪をもう一度繰り返します。

 

 

⑭ マウストリートメントの塗布

 

2セット目の歯磨きをした後に、トリートメントを歯ブラシに取り歯の表面をなでるようにしてつけていきます。

トリートメントを付けた後は軽くうがいをしていきます。

 

 

 

⑮ 歯のトーンチェック

 

初めと同じく、歯のトーンチェックをしていきます。

個人差はありますが、2~4トーンは落ちる方は多いです。

 

 

 

 

 

セルフホワイトニングの手順はこのようになります。

初めはスタッフが横について説明させていただきますのでご安心ください(^^)/

 

 

 

また、何か気になることやセルフホワイトニングをしたい方はスタッフまでお声掛けください。

もしくはお電話➡ TEL:06-6231-6505

もしくはLINE@➡ 

からお問い合わせください(^^)/

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*