歯を白くする3つのホワイトニング!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!長島治療院です(^^)

 

当院で、皆さんに体験していただいているホワイトニングはセルフホワイトニングですが、

実は、その他にも歯科医院やホワイトニング専門クリニックで行うオフィスホワイトニングと市販のセルフキットを使用して行うホームホワイトニングがあります!!

今日はこの3つのホワイトニングの違いをご説明します(^O^)/

 

 

①オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは簡単に言うと、歯医者で施術を行うホワイトニングです。

歯の着色を分解する成分(過酸化水素など)を含む薬剤を使用して明るさを上げていきます。ホワイトニング剤の安定性は各大学でも研究され確率されており、ダメージを与えることなく白くすることができます。

 

 

②ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、ご自宅でマウスピースに薬剤のジェルを流し込んで行うホワイトニングです。オフィスホワイトニングと成分はほとんど同じですが、低濃度のものを毎日歯に塗布する事で徐々に白くしていきます。さらに白さを追求したいという方や何度も歯科医院に行けないという方にオススメです!

 

 

③セルフホワイトニング

市販でも扱える医薬部外品(ポリリン酸など)を使って行うホワイトニングです。どうしてもしみるのがイヤだという方や表面上の汚れを落としたいという方に向いています!安価で食事制限もないので不安のある方はこのセルフホワイトニングから試してみるのもいいかもしれません。

 

 

このようにホワイトニングにはいくつかの種類がありますが、

 

「自分にはどのホワイトニングが合っているのかわからない」

 

という方のために、もう少し簡単にそれぞれの特徴をまとめてみました★

 

●短期間で真っ白な歯を手に入れたい方は、オフィスホワイトニング!!

歯科医師の免許を持った歯医者さんが施術してくれるので安心して受けていただけます。

但し、過酸化水素という刺激の強い薬品を使用しているので、痛みを伴ったり、食事制限があることがデメリットになります。

 

 

●より白くなりたい!長期で白さを保ちたい!という方にはホームホワイトニングがオススメ!!

一般の方でも使用が可能な低濃度の薬剤を使用しているので痛みは少なくすみます。また、着実に白くしていくことが可能なので、色戻りがしにくいメリットがあります(^O^)

 

 

●痛みなし!食事制限なし!低価格!のセルフホワイトニング!

長島治療院でも使用しているセルフホワイトニングは、酸化チタンというホワイトチョコレートやヨーグルトなどにも含まれている溶液を使用するため安心してご利用いただけます(^O^) また、光触媒作用を利用して歯のクリーニングを行っているので歯本来の白さを手に入れる事ができます!

 

 

3つのホワイトニングにはそれぞれのメリット・デメリットがあります。

 

 

ご自身の歯の状態や予算、目指す白さに合わせて適したホワイトニングを選んでいただく事をおすすめします(^^♪

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*