歯の着色を防ぐ3つの対策法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんにちは! 長島治療院です!!

 

まだまだ寒い日が続きますね(+_+)

 

インフルエンザも流行っているみたいなので皆さん、体調管理には十分お気をつけくださいね!

 

 

前回のブログでは歯の着色原因についてご紹介しましたが、

着色の要因はたくさんありましたね、、、

 

でも、しっかりと予防ができていればなんてことありません!(^^)!

 

今回は具体的にその歯の着色を防ぐ、3つの対策法をお教えいたします(^^♪

 

 

 

1.歯磨きのタイミング

 

こびり付く前のブラッシングで汚れとおさらば!

 

着色を気にせずにおいしく食事を楽しみたいからこそ食後すぐのブラッシングは重要になってきます!

 

汚れが歯に付着する前に30秒~1分程度で大丈夫なので軽く歯磨きを行いましょう。

 

ハミガキのコツとしては歯の面に対して直角に毛先を当て、

 

小刻みに動かすと着色汚れやプラークもキレイに落とす事ができます。

 

その際に舌クリーナーなどで軽く舌も磨くとしっかりと着色を防げます!

 

また、歯を傷つけない事が大切なのでハブラシを買う際は硬すぎないものを選びましょう♪

 

 

2.つめ物の素材

つめ物をする際は歯医者さんと相談をして納得できるものをしっかり選びましょう!

 

ハイブリットセラミックは、天然の歯と見分けがつきにくく見た目も美しくなるのでオススメです!

 

経年老化や変色が起きにくく、着色しづらいのもメリットです(^O^)/

 

 

3.唾液を出す

生活習慣改善とマッサージで口内をうるうるに!

 

唾液は生活習慣の変化を大きく受けやすい場所です。

 

適度のストレス、空腹状態など、様々な影響から唾液の分泌量が増減します。

 

なので、適度な睡眠や食事を取り、生活習慣を整える事がまず第一です。

 

また、こまめに水を摂取するなど、直接的に口を潤すのもオススメです!

 

 

長島治療院でのセルフホワイトニング

 

これまで、歯の着色を防ぐ3つの対策法をお伝えしましたが、

 

長島治療院で行っているセルフホワイトニングでも歯の黄ばみなどを抑制する効果があります!

 

セルフホワイトニングでは、【光触媒】という作用を使って日頃の食事などで付着した汚れや色

 

などをきれいにクリーニングしてくれます★

 

こちらのブログで詳しく書かれているので是非checkしてみてくださいね!

セルフホワイトニングでなぜ歯が白くなるのか⁉

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*