歯が黄ばむその原因は生活習慣に隠されていた!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、長島治療院です(^^)

 

 

「しっかり歯を磨いているのに、なんだか白くなくなってきた…。」

なんてことありませんか??

 

なぜ着色が起こってしまうのでしょうか。

今回は着色が起こってしまう原因と起こりやすい環境についてお話します。

 

そもそも、「着色」とは

 

食べたり飲んだり口の中を通過して行く飲食物はたくさんの色がついています。

この色が歯についてしまうことが着色です。

 

 

着色にも2パターンあります。

 

①外因性

飲食物による汚れ歯の表面に付着した汚れのこと。

例えば、白いTシャツにコーヒーをこぼしてしまったように、

洗えばとれるものです。

この着色は毎日のブラッシングや歯医者さんのクリーニングで除去できるものです。

 

②内因性

先程のコーヒーをこぼしてしまったTシャツを放置していると

なかなか落ちにくくなりますよね。このように

着色し染み付いてしまったものや、

歯の内部からの変色によるものが内因性の着色になります。

このタイプは頑張って歯磨きをしても白くすることはできません。

このような着色の場合はホワイトニングに頼りましょう。

 

どうして着色するのか

原因①食べ物

何気ない食事の中でも、着色成分が含まれた食べ物はたくさんあります。

よく知られているものとしては、コーヒー、紅茶、赤ワインです。

この中に含まれるポリフェノールやタンニンが歯の表面の

カルシウムとくっつきやすく、着色の原因になります。

 

原因②歯のキズ

普段の歯磨きで、研磨剤の入った歯磨き粉を使用しゴシゴシと磨きすぎていませんか?

これによって歯の表面にキズがつき、色素が入って汚れて見えてしまう場合があります。

 

原因③口内環境の乱れ

理想は歯垢がなく口内が潤っているのがベストです。

歯並びが悪かったりブラッシングが雑になりがちな人、

または唾液がネバネバしている人も要注意です。

 

次のチェック項目にいくつ当てはまるか数えてみてください。

《生活習慣編》

✔️水分補給はお茶やコーヒーが多い

✔️歯磨きを食後すぐにはしない

✔️歯磨きの磨き残しがよくある

✔️歯医者さんへは半年以上行っていない

 

《口内環境編》

✔️気がついたら口で呼吸している

✔️歯並びはあまり良い方ではない

✔️水をあまり飲まない

✔️唾液がネバネバすることがよくある

このチェックが多ければ多いほど、着色しやすいということになります。

チェックが付いた項目を生活習慣の中でも気を付けてみる所から始めてみましょう(*^^*)

 

 

具体的には何にどう気を付ければいいのか

それは次回のブログでお伝えします!(^^)!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*