【セルフホワイトニング】歯に汚れが付きやすい理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんにちは!長島治療院です(^^♪

 

 

歯についた”汚れ”というものは普段の食生活や生活習慣によって積み重なり

普段のケアでは落としきれずに蓄積していきます。

 

このステインによる汚れはつきやすい人がいます。

 

ステインが付きやすい歯の特徴

①歯磨きが不十分

お茶やコーヒー、カレーやワインなどを食することで

汚れが歯の表面に残り歯の黄ばみが現れます。

なので日々の歯磨きで汚れをしっかりと落としていく事が大切です。

食後に歯磨きをしなかったり、歯と歯の間を丁寧に磨かないと

歯磨きで汚れが落としきれずに残ってしまいます。

 

②過剰なお手入れ

歯を丁寧に磨かないと汚れは蓄積していきますが、

だからと言って”磨きすぎ”も良くないんです。

歯は表面がエナメル質で覆われていて、その下には象牙質があります。

エナメル質は半透明の硬い組織で、象牙質は黄色い組織になります。

普段の歯磨きでしっかりと磨こうと思い、

力を入れてゴシゴシと歯ブラシを動かしたり、研磨剤入りの歯磨き粉を使用すると

表面のエナメル質に細かい傷が付き、その隙間に汚れが入り込み

歯の黄ばみへと繋がってしまいます。

 

歯を磨く時には歯ブラシを鉛筆持ちにして軽く動かして磨くと

力が入りすぎずに磨くことができますよ(^^)/

 

 

ステイン以外の変色とは

歯の色が変わる理由としては上のようなステインによるものだけでなく

歯の内部からの変色もあります。

・抗生物質(テトラサイクリン)の過剰な服用

・高濃度のフッ素

・神経がない

・加齢による変化

こういった原因で歯が黄ばんだり表面のエナメル質が透けて見えたりしていきます。

 

セルフホワイトニングは汚れを落としたり、虫歯・歯周病菌の抑制や、コーティングを

するものなので、こういった歯の内部からの変色に対しては白くしていくことはできません。

 

お勧めのケア方法

【セルフホワイトニング】

手順も簡単!施術時間や役30分でホワイトニングが行えます(^^)/

痛みやしみたりすることも、食事制限もありません。

施術直後から食事をして頂いてもかまいません。

美顔鍼とのセットコースもご用意しておりますので一緒に受けて頂くとお得になりますよ!(^^)!

(セットのコースはスタンダードコース、プラチナコースに限ります。)

 

みなさん是非お試しください!

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*